このページの本文へ

読者参加型、ソーシャルメディア・ニュースサイトが上陸!

ザ・ハフィントン・ポスト日本版本日スタート!

2013年05月07日 21時24分更新

文● 飯島恵里子/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ニュースやブログ、ソーシャルメディアを組み合わせたニュースサイト、ザ・ハフィントン・ポスト。米国版のニュース速報はピューリッツァー賞を受賞した実績をもち、特集、エンターテイメントの情報源としてだけではなく、政治家や学生、著名人から無名の人まで多くの読者が活発に意見交換を行う言論の場として注目されている。

ユーザーが参加する“良質な言論空間”を目指す

ザ・ハフィントン・ポスト・メディアグループ プレジデント兼編集長、アリアナ・ハフィントンさん

 ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパンはアメリカ発ニュースサイト「ザ・ハフィントン・ポスト」の日本版サイト「THE HUFFINGTON POST in association with THE ASAHI SHIMBUN」を本日から開始した。運営はザ・ハフィントン・ポスト・メディアグループと朝日新聞の合弁会社。

アリアナ・ハフィントンさんと朝日新聞社 代表取締役社長 木村伊量さん

 現在、イギリス、カナダ、ケベック州、フランス、スペイン、イタリアで各国版を展開。日本版がアジア発進出となる。日本版はブロガーによる「ブログ記事」「ニュース記事」「ソーシャルコメント」の3つの要素で構成される。開設当初は「政治」「経済」「国際」「社会」の4つのテーマからスタート。米国版のザ・ハフィントン・ポストと同様に有名無名を問わず、さまざまな人々が意見を交わす場の構築を目指すという。

 

「ハフポ」って呼んでね!

 ザ・ハフィントン・ポストはその名の通り創設編集長のアリアナ・ハフィントンさんの名字に由来するもの。ちょっと覚えにくいと危惧したのか、ザ・ハフィントン・ポストの日本語略は「ハフポ」と名付けられたようだ。今回、記者会見の手土産としてハフィントン編集長直筆のハフポの焼印が押されたオリジナル饅頭が振舞われた。

御目出度い席にはやはり紅白饅頭。赤は白あん、白はこしあん。創業明治10年の日本橋 日月堂製
 

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン