このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ミクさんも魅せます! “日本発の世界一”を集めた「THE世界一展」

2013年04月26日 18時00分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「THE世界一展」のテーマは「魅せますニッポンの技と人」

 2013年4月26日にオープンした、大阪・梅田のグランフロント大阪の中核施設「ナレッジキャピタル」。ここで、ナレッジキャピタル開業記念イベント「THE世界一展」が開催中だ。開催期間は、2013年4月26日〜9月1日まで。

2013年9月1日までグランフロント大阪で開催されるTHE世界一展

 THE世界一展は、「魅せますニッポンの技と人」をテーマに、技術、製品、プロジェクトなど、日本が世界に誇る「知」の数々を、日本各地から集めて展示。ナレッジキャピタルと基本協定を結んでいる東京・お台場の日本科学未来館の企画協力により、175以上の製品などが展示されている。

THE世界一展は、ナレッジキャピタル地下1階のEVENT Lab.で開催

「ようこそ、世界一の国へ」

 会場はテーマごとにゾーン分けがされており、「ようこそ、世界一の国へ」ゾーンでは、世界一高いブロンズ製人型建造物、世界一大きなタイヤといった、日本発の世界一を展示。「源=みなもと 〜古代から受け継がれる、日本の心と技〜」ゾーンでは、伊勢神宮の式年遷宮を紹介しながら、世界に誇る日本独自の精神、知恵、文化、創造性と持続性の源を紹介している。

日本が世界一の大きさを誇るものを壁に描かれた絵を使って紹介日本が置かれた国際的なポジションを示す。自動車産業が圧倒的に大きいことが分かる
伊勢神宮での式年遷宮を紹介。その際に使われる道具を展示。日本の歴史をつなぐ道具とする江戸時代に大量に作られた無尽灯。空気銃の原理を使ったという

「日本を変えた、世界を変えたイノベーション」

 「日本を変えた、世界を変えたイノベーション」ゾーンでは、明治以降の近代化、戦後の高度成長期などを支えたプロダクトなどを展示。パナソニックの創業者である松下幸之助氏が開発した「二股ソケット」や、シャープの創業者である早川徳次氏が開発した「シャープペンシル」も展示されている。また、「発見!世界一ライフ」ゾーンでは、身のまわりにある世界一アイテムを紹介。最先端素材「炭素繊維」や、日本の年賀状づくりを劇的に変えたセイコーエプソンのインクジェットプリンタなどが展示されている。さらに、「潜入!世界一ファクトリー」では、難度の高い技術や、品質によって支えられている日本のものづくりを紹介。これを「世界一のものづくり」として、代表的な技術や製品を展示している。

早川式繰出鉛筆と呼ばれた早川兄弟商会金属製作所(現シャープ)のシャープペンシル。1945年に発売された松下電気器具製作所(現パナソニック)の大ヒット製品「二股ソケット」。亀の子タワシ、地下足袋とともに大正時代の三大便利品といわれた
セイコーエプソンのインクジェットプリンタ「EP-805A」。マイクロピエゾ方式を使用した最新モデル

前へ 1 2 3 4 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン