このページの本文へ

アメリカンなTD-LTEスマホ「RAZR M」がAndroid 4.1に

2013年03月18日 19時20分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソフトバンクモバイルは、昨年10月に発売した「SoftBank 4G」対応のAndroidスマートフォン「RAZR M 201M」を明日19日から、順次Android 4.1にアップデートすると発表した。

コンパクトサイズとアメリカンなデザインが魅力の「RAZR M」がAndroid 4.1に

 Android 4.1にバージョンアップすることで、ユーザーの状況にあった情報を教えてくれる「Google Now」に対応するほか、通知パネルも機能が強化され、届いたメールの一部が確認できるようになる。

Google Nowへの対応や通知パネルの強化などが主な変更点

ソフトバンク「RAZR M 201M」の主なスペック
メーカー モトローラ・モビリティ
ディスプレー 4.3型有機EL(Super AMOLED Advanced)
画面解像度 540×960ドット
サイズ 約61×123×8.3mm(最厚部10.9mm)
(ホワイトは8.8mm)
重量 約128g
CPU Snapdragon S4 MSM8960 1.5GHz(デュアルコア)
メモリー容量 ROM:8GB/RAM:1GB
外部メモリー microSDHC(最大32GB)
OS Android 4.0→4.1
4G対応 下り最大76Mbps(AXGP)
プラチナバンド
3G下り最大速度 42Mbps(DC-HSPA+)
無線LAN 2.4/5GHz対応
カメラ画素数 リア:約800万画素CMOS/イン:約30万画素CMOS
バッテリー容量 1940mAh
FeliCa
ワンセグ ×
赤外線 ×
防水/防塵 ×/×
連続待受時間(3G/4G) 約520時間/約200時間
連続通話時間(3G) 約950分
カラバリ ブラック/ホワイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン