このページの本文へ

スマホをポイントカード化! 基本無料のO2Oシステムでローコスト販促

2013年03月13日 07時00分更新

アスキークラウド編集部/加藤宏之〈HEW〉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 基本サービスの利用料が無料で、店舗側がパソコンとバーコードリーダーを用意すれば、顧客のスマホをポイントカードとして利用できるようにする店舗向けO2O型ポイントシステム「Cardfeel(カードフィール)」のパソコン版がリリースされた。

 同システムを提供しているのは、システム開発を手がけるコンポーネントデザイン。パソコンに専用アプリをインストールし、バーコードリーダーを接続すれば利用可能。顧客のスマホに専用アプリをインストールし、来店時にスマホの画面に表示されるバーコードをリーダーで読み取れば、顧客にポイントを付与できる。

 アプリのインストールをはじめ、バーコードでの読み取りやポイントの付与、ポイントの利用といった一連のサービスが、コストをほとんどかけずに導入可能。また、「お知らせ」と「クーポン」を顧客のスマホに送信する機能など、有料のサポートや機能を用意する。

 顧客側がスマホをポイントカード化する際、名前やメールアドレスなどの個人情報を登録する必要はない。こうした点から、店舗側と顧客側の双方にとってハードルの低いO2O型ポイントシステムとして普及が見込まれる。

お詫びと訂正:掲載当初、「これには、「お知らせ」と「クーポン」を顧客のスマホに送信する機能も無料で含まれる。そのほかのサポートや機能は有料プランで用意する。」と記載しておりましたが、正しくは「また、「お知らせ」と「クーポン」を顧客のスマホに送信する機能など、有料のサポートや機能を用意する。」でした。該当部分を訂正してお詫び申し上げます(2013年3月13日)

03CARDFEEL
顧客のスマホ画面に表示される「お知らせ」や「クーポン」の通知イメージ

カテゴリートップへ

ピックアップ