このページの本文へ

Abee「AS Enclosure W1」

ダブルデッキ構造採用のアビー製Mini-ITXPCケースが発売

2013年02月23日 23時45分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ケース内部を上下2つに分断するダブルデッキ構造を採用するアビー製のMini-ITX対応PCケース「AS Enclosure W1」が発売された。

ケース内部を上下2つに分断するダブルデッキ構造を採用するアビー製のMini-ITX対応PCケース「AS Enclosure W1」。フロントには肉厚5.0㎜のアルミパネルを採用している

 マザーボードやHDD、電源ユニットなどの主要デバイスを分散配置することにより、作業効率のアップ、熱源の分散によるパフォーマンスアップを実現したというMini-ITX対応PCケースの新モデル。ベイ数は5インチ/3.5インチシャドウ/2.5インチシャドウが各1基。フロントには120mm角(NANO TEK FAN/1000rpm)を標準で備えるほか、簡易水冷ユニットに対応し、ラジエーターを装着することもできる。なお、リアにはオプションで92㎜角ファンが搭載可能。

マザーボードやHDD、電源ユニットなどの主要デバイスを分散配置することにより、作業効率のアップ、熱源の分散によるパフォーマンスアップを実現

 サイズは230(W)×304(D)×270(H)mm。フロントには、ショットブラストと微細ヘアライン加工を施した肉厚5.0㎜のアルミパネルを採用している。ラインナップはシルバーの「ASE-W1-S」とブラックの「ASE-W1-BK」で、価格は2万9980円。ソフマップ秋葉原本店リユース総合館やソフマップ秋葉原本館、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

フロントには120mm角(NANO TEK FAN/1000rpm)を標準で備えるほか、簡易水冷ユニットに対応しラジエーターを装着することもできる

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中