このページの本文へ

ドコモ、小中校生向けのジュニアスマホを開発

2013年01月10日 19時55分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTドコモは本日、ジュニア層(小学校高学年から中学校低学年)向けのスマートフォン「スマートフォン for ジュニア SH-05E」(シャープ製)を発表した。

 このスマホがほかのモデルと大きく違うのは、子どもたちが安全・安心に使えるように、アプリやサービスをプレインストールで提供すること。らくらくスマートフォンと同じく、Google Playからアプリをダウンロードすることはできず、保護者が通話やメールなど一部の機能を制限することもできる。マップもGoogleマップではなく、「ドコモ地図ナビ」を使うことになる。ほかにもGmailや検索などGoogle製のアプリはインストールされていない。

BLUEPINKWHITE

 防犯ブザーも搭載しており、ボタンを長押しすると大きな音量でブザーが鳴り、設定次第では保護者にメールが届く。端末自体は「AQUOS PHONE si SH-01E」をベースに、UIや動作をブラッシュアップさせている。サイズは63×117××10.6mm、重量は約120gとコンパクト。

防犯ブザーのデモンストレーションをする、NTTドコモ マーケティング部 マーケティング統括担当部長 齋藤 武氏

 また、この端末専用のパケット定額サービス「Xiパケ・ホーダイ for ジュニア」も用意される。

Xiパケ・ホーダイ for ジュニア。あくまでも、この端末を使う人向けのプランなので、容量制限も妥当ではなかろうか

 発売時期は2月上旬で、値段は各種割引を適用して1万5000円ほどになる見込み。一括購入の金額は発表されていない。

クレードル充電にも対応するこのように保護者がロックをかけることもできる
予定がポップアップするこれが防犯ブザー。赤い部分を長押しで起動する
ジュニアの手にジャストフィットするサイズワンセグはないが、おサイフケータイと赤外線を搭載
上部は電源ボタン下部にはストラップホール
左側にはイヤホンジャックとmicroUSB端子。防水・防塵に対応する右側には防犯ブザー
自分で入力する必要があるが、時間割カレンダーがプリインされているのも、ジュニアスマホならでは
遊びながら学べる知育アプリも充実している
バッテリーは1660mAhと十分な容量

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン