このページの本文へ

Internet SagiWallの技術を利用、iPhone向けに提供

詐欺サイトを未然に防げる無料のブラウザー「あんしんWeb」

2012年11月29日 23時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 BBソフトサービスは29日、セキュリティーに配慮したiPhone向けのウェブブラウザー「あんしんWeb by Internet SagiWall」を発表した。

 App Storeで入手できるiPhoneアプリで、当面は無償で利用できる。

あんしんWebは、専用ブラウザーという形で提供

 フィッシングサイトやワンクリック詐欺など、危険性のあるサイトを自動判別し、警告を出す「Internet SagiWall」の技術を活用している。ブラックリスト・ホワイトリストによる判別に加え、ウェブサイトに記載されている語句や、HTML構造などをリアルタイムに解析し、危険性があると警告する“ヒューリスティック検知”のエンジンも搭載する。マルウウェアやウイルスを検知する機能はなく、危険性のあるサイトの検出に特化している。

危険と判断した際には左画面のような警告が出る

 Internet SagiWallは国内メーカーの開発であり、日本語サイトで高い検出率を得られる点が利点だという。

ブラックリスト・ホワイトリストによる検知のほか、ヒューリスティック分析の両方の検知方法を持つ未知のサイトでもURLやページ内のキーワード、IPアドレスなど700以上のチェック項目から危険性を判別

 同社では、Safariにも詐欺サイトを警告する機能があるが、日本特有の詐欺サイトへの対応が不十分であるほか、悪質なアプリやマルウエアが発生しにくいiPhoneのプラットフォーム上であっても、不用意に詐欺サイトへアクセスしてしまい、不当請求や脅迫、金銭搾取などのトラブルにつながるケースが発生しているとする。

日本語サイトの検知率の高さが売り。iPhone版のほかModern UIに対応したWindows 8対応アプリも用意する

 Internet SagiWallは、すでにAndroid版が有償で提供されているが、iPhone版では標準のSafariではなく、同社提供のブラウザーを利用しなければならないことや、初心者も多いiPhoneユーザー向けということも踏まえ、まずは利用してもらいたいという意図も込めて、無償提供とした。

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中