このページの本文へ

「Hitachi Storage Adapter for Symantec NetBackup OpenStorage」提供へ

日立、Unified StorageをNetBackupで操作するソフト

2012年10月10日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月9日、日立製作所はバックアップデータの作成、ストレージを利用した遠隔地へのデータ保管・復旧を行なうソフトウェア「Hitachi Storage Adapter for Symantec NetBackup OpenStorage」を発表した。

 これは、シマンテックによる技術支援、検証協力のもと、シマンテックのデータ保護ソフトウェア「NetBackup」の管理画面から、日立のユニファイドストレージ「Hitachi Unified Storage 100 シリーズ」のリモートレプリケーション機能の操作、管理を可能としたソフトウェア。ストレージ間のデータ転送を利用した運用で従来個別に必要であったストレージ側での操作を不要にする。

 これにより、バックアップデータの作成から、ストレージを利用した遠隔地へのデータ保管、復旧までの一元管理が可能となり、バックアップ運用の負担軽減を実現するという。

 Hitachi Storage Adapter for Symantec NetBackup OpenStorageの価格は、103万9500円から。提供開始時期は11月15日。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ