このページの本文へ

にゃんこ型アクセに新作! にょろーんと伸びる胴長にゃんこも

2012年10月05日 11時30分更新

文● 絵踏 一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマートフォンアクセサリーでは異例の大ヒット商品となった、Twitter発の「にゃんこ型イヤホンジャックカバー」にまたもや新モデルが登場。スマホを覆うほどに背が伸びた「ぶらさがり 2(シロ長)」と、初回モデルのリニューアルモデル「ごめん寝 2」の2製品が、三月兎2号店をはじめとする三月兎各店と、SOUTHTOWN437、パソコンショップアークで販売中だ。

 ある意味で異色のアクセサリーといえるぶらさがり 2は1モデル展開で800円。4種類のバリエーションをラインナップするごめん寝 2はそれぞれ500円だ。販売元はピンクカンパニー。

魅惑のゆるふわ系スマホアクセに新モデル。スマホからしっぽがはみ出るロングモデルや、初回モデルから華麗な変身を遂げた4種の新顔など多数が同時発売された

 アキバで大旋風を巻き起こした、あの“にゃんこ”アクセサリーが増殖中だ。今回発売されたのは、初回モデルの「ぶらさがり」の発展型といえるぶらさがり 2(シロ長)と、同じく「ごめん寝」をベースにモデルチェンジを果たしたごめん寝 2の2製品だ。デザインはシリーズ共通で、イラストレーターのねこむらおたこ氏が担当している。

こちらは「ぶらさがり 2(シロ長)」。ちょっと困ったような顔がスマホ上からのぞいているが、大変なのはその裏側。iPhoneからしっぽがはみ出るほどに胴長になり、もはや表向きでは使えないレベルに

iPhone 5を想定していたのか、ジャストフィットのサイズ。ただしイヤホンジャックが逆向きになっているので……。ちなみにGALAXY S IIIにはちょうどよい感じだった

 まず最初にご紹介する、ぶらさがり 2(シロ長)のインパクトが凄まじい。あまりの脱力感から胴体が伸びきってしまったらしく、その全長はスマートフォンの背面を覆い尽くしてなお余りがある。試しにiPhone 4に装着したところ、やはり背面には収まりきらず、“しっぽ”がはみ出してしまった。もはやここまでくると、単なるイヤホンジャックカバーというよりも、まるでイヤホンジャック自体がこうしたアクセサリーを装着するためのホルダーになってしまったかのような印象を受けてしまう。

 実用性はさて置き、奇抜なアクセサリーでスマートフォンを飾り付けたいという人には最適かもしれない。なお、あまりに胴長になった本体を支えるためか、パッケージには丸型の両面テープも同梱されている。

こちらは4匹仲良く発売された「ごめん寝 2」。スマホ上端にしがみつくような仕草がかわいらしい。価格はそれぞれ500円

初回シリーズでは限定カラーだった「クロ」(左)と、個人的に大好きな「灰トラ」

人気の高かったカラーの「トラ」(左)と、定番(?)カラーの「ミケ」

 同時発売のごめん寝 2もまた見逃せないアイテム。ショップスタッフ曰く「顔が隠れて見えないせいか、ラインナップの中では比較的売れ行きが鈍かった」という先代の問題点を克服、可愛らしい顔がバッチリ確認できる。あまり「ごめん」していないような気もするけれど、カワイイから良し。

 こちらのラインナップは「クロ」「灰トラ」「トラ」「ミケ」の4種類。中でもクロは初回モデル先行発売時に限定生産されたセットパッケージにのみ同梱された、かつての限定カラーだ。どのモデルも人気が出そうだが、入荷即完売を繰り返した初回モデルの記憶が新しいだけに、欲しい人は店頭に急いだ方がいいかもしれない。

同時に初回モデルも新パッケージで入荷(右下は旧パッケージ)。最近出回っているという模倣品への注意喚起の文が記載されている

 なお、販売する三月兎2号店はパッケージを刷新した初回モデルも同時に入荷している。アイテム自体に変更はないものの、パッケージ表面に「ニセモノにゃんこにきおつけてね。」という模倣品への注意喚起が記載されている。大人気から早速模倣品が流通していることが知られている“にゃんこアクセ”だが、ショップによれば「模倣品は作りが悪く、テカテカしていてひと目で分かる」とのこと。購入の際には、パッケージや本体の“テカテカ具合”もチェックしてみると安心かもしれない。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン