このページの本文へ

富士通システムズ・ウエストが10月1日開始

バックアップをクラウドに復元!「クラウドリストアサービス」

2012年08月27日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月24日、富士通システムズ・ウエストはユーザーのシステム(アプリケーションやデータなど)をまるごとリモートバックアップし、緊急時に富士通四国システムセンターの仮想IaaS基盤を利用して復旧する「クラウドリストアサービス」を、10月1日に開始すると発表した。

 クラウドリストアサービスは、ユーザーサイトよりシステムとデータをイメージとしてリモートバックアップし、自然災害をはじめとするさまざまな緊急事態においては、仮想IaaSを立ち上げ、リモートバックアップイメージをリストアし、ネットワークを切り替えるサービス。緊急事態発生後ににIaaSを起動する仕組みのため、バックアップシステムの常時稼働やバックアップ用サーバの事前準備が不要で、事業継続対応を安価に実現する。

 バックアップしたユーザーサイトのシステムとデータは、イメージ化しているため、緊急時のシステム復旧を早く・正確に実施できるという。また、バックアップするデータは差分のみを転送するため、ネットワーク負荷も低く、コストの圧縮も実現するとのこと。

 同社では、運用設計、稼働テスト支援はもとよりユーザーサイトへのエージェントソフト導入支援、IT-BCPの訓練サービスなどのオプションメニューを用意する(順次リリース予定)。なお、富士通四国システムセンターではSEが24時間365日常駐しており、緊急時のシステム立ち上げやネットワーク切り替えを支援する。

 クラウドリストアサービスの価格は、初期費用が60万円、月額基本料金が4万8000円から(バックアップ容量500GBまで)となっている。

カテゴリートップへ

ピックアップ