このページの本文へ

エプソン、低価格帯/モノクロ機強化のビジネスインクジェット

2012年08月21日 13時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エプソンは、ビジネス向けA4インクジェットプリンター/複合機の新製品として、カラータイプ6モデル、モノクロタイプ3モデルを発表した。ラインナップは、カラーが「PX-675F」「PX-605F」「PX-535F」「PX-505F」「PX-205」「PX-105」で、モノクロが「PX-K751F」「PX-K701」「PX-K150」。発売日は、カラー6モデルが9月20日予定、モノクロ3モデルが11月初旬発売予定。

「PX-675F」

「PX-K751F」

 価格はそれぞれオープンプライス。カラー6タイプの店頭想定価格は、PX-675Fが4万円前後、PX-605Fが3万円前後、PX-535Fが2万円台中盤、PX-505Fが2万円前後、PX-205が1万円台後半、PX-105が1万円前後。モノクロ3タイプは、PX-K751Fが3万円台中盤、PX-K701が2万円前後、PX-K150が1万円前後。

 新製品では、ページプリンターに迫る高品位普通紙印刷を実現。テキスト部分はエッジ強調、画像部分はスムージング処理など領域別に適切な処理を実施可能とした。耐ラインマーカー性/耐水性により、ラインマーカーでなぞったり水がついたりしてもにじまないとしている。1枚目の印刷に要する時間が短縮され、PX-675F/PX-605F/PX-205がカラー15秒/モノクロ10秒(印刷速度はカラー9.5ipm、モノクロ15ipm)、PX-K751F/PX-K701がモノクロ9秒(印刷速度はモノクロ16ipm)となった。

 さらに、高い本体耐久性も追求。A4カラーでは、PX-675F/PX-605F/PX-205で印刷可能枚数6万枚、PX-535F/PX-505F/PX-105で5万枚を実現した。A4モノクロではPX-K150では5万枚を可能としている。

 また、操作パネルと本体の一体化成形による堅牢性/耐久性向上、排紙部の剛性アップに加えて、用紙セットのしやすさと堅牢性を両立させたペパーカセット、PX-535F/PX-505Fの本体幅サイズを42mmに小型化など、デザイン面での強化も行なわれた。

 このほか、低消費電力を特徴とし、ページプリンターと比較して約80〜90%の節電効果が得られるようになったという。たとえばカラーレーザープリンター「LPS620」が消費電力2710Wh/月であるのに対して、PX-205の場合375Wh/月となっており、消費電力量が約86%低減した。

「PX-675F」「PX-605F」

 PX-675F/PX-605Fは、A4/B5自動両面印刷対応のA4ファクス複合機。耐久枚数は6万枚で、ランニングコストはカラー9.1円/モノクロ2.6円。印刷速度はカラー9.5ipm/モノクロ15ipm。PX-675Fは2段カセットによりA4普通紙500枚をセットできるほか、ラベル紙や封筒など特殊用紙に対応するリア1枚差しが利用可能。スマートフォン/遠隔地からの印刷や、メールを送るだけで添付ファイル印刷などを行なえる「Epson Connect」をサポートしている。黒だけ印刷モード、無線/有線LAN機能を搭載。消費電力は約10W。

「PX-675F」

「PX-605F」

「PX-535F」「PX-505F」

 PX-535F/PX-505Fは、低CTO/高耐久/コンパクトをうたうA4ファクス複合機。耐久枚数は5万枚で、ランニングコストはカラー13.1円/モノクロ4.3円。印刷速度はカラー4.7ipm/モノクロ9ipm。黒だけ印刷モードを利用可能。PX-535Fは、スマートフォン/遠隔地からの印刷や、メールを送るだけで添付ファイル印刷などを行なえる「Epson Connect」をサポート。またPX-535Fは無線/有線LAN機能、PX-505Fは無線LANを搭載。消費電力は約12W。

「PX-535F」

「PX-505F」

「PX-205」

 PX-205は、A4/B5自動両面印刷対応のA4カラープリンター。耐久枚数は6万枚で、ランニングコストはカラー9.1円/モノクロ2.6円。印刷速度はカラー9.5ipm/モノクロ15ipm。ラベル紙や封筒など特殊用紙に対応するリア1枚差しが利用可能。黒だけ印刷モード、無線/有線LAN機能を搭載。消費電力は約10W。

「PX-205」

「PX-105」

 PX-105は、低CTO/高耐久/コンパクトA4カラープリンターのベーシックモデル。耐久枚数は5万枚で、ランニングコストはカラー13.1円/モノクロ4.3円。印刷速度はカラー4.7ipm/モノクロ15ipm。黒だけ印刷モード、無線/有線LAN機能を搭載。消費電力は約12W。

「PX-105」

「PX-K751F」

 PX-K751Fは、高耐久/大容量インク採用のA4モノクロファクス複合機。耐久枚数は10万枚で、ランニングコストはモノクロ1.8円。印刷速度はモノクロ16ipm。A4普通紙500枚をセットできるフロントカセットほか、L判〜角2封筒に対応するリアASF(80枚)が利用可能。さらに、新開発された1万枚対応の大容量インクカートリッジを利用できる。スマートフォンからの印刷を行なえる「iPrint」ほか、無線/有線LAN機能も搭載。消費電力は約17W。

「PX-K751F」

「PX-K701」

 PX-K701は、高耐久/大容量インク採用の自動両面印刷対応A4モノクロファクス複合機。耐久枚数は10万枚で、ランニングコストはモノクロ1.8円。印刷速度はモノクロ16ipm。普通紙500枚をセットできるフロントカセットほか、L判〜角2封筒に対応するリアASF(80枚)が利用可能。さらに、新開発された1万枚対応の大容量インクカートリッジを利用できる。スマートフォンからの印刷を行なえる「iPrint」ほか、無線/有線LAN機能も搭載。消費電力は約17W。

「PX-K701」

「PX-K150」

 PX-K150は、高耐久/大容量インク採用の自動両面印刷対応A4モノクロプリンター。耐久枚数は10万枚で、ランニングコストはモノクロ1.8円。印刷速度はモノクロ16ipm。普通紙500枚をセットできるフロントカセットほか、L判〜角2封筒に対応するリアASF(80枚)が利用可能。さらに、新開発された1万枚対応の大容量インクカートリッジを利用できる。スマートフォンからの印刷を行なえる「iPrint」ほか、無線/有線LAN機能も搭載。消費電力は約22W。

「PX-K150」

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ