このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

COMPUTEX TAIPEI 2012レポート特集第1回

AcerがWindows 8対応の合体タブや超薄Ultrabookを発表

2012年06月04日 15時47分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
11インチ級でマルチタッチに対応するUltrabook「Aspire S7 11.6”」

 毎年恒例のコンピューター関連総合見本市「COMPUTEX TAIPEI 2012」が、5日から台北にて開催される。それに先立つ4日には、先陣を切ってエイサーが新製品を多数発表した。いずれも魅力的なWindows 8対応製品で、市場に投入されれば「Windows 8でパソコンも変わった」という大きなインパクトを与えそうだ。詳細仕様は未発表で、発売日や価格は未定。

超薄型Ultrabookでもタッチ対応
Aspire S7

 「Aspire S7」シリーズは、Windows 8に対応したマルチタッチディスプレーを備えるUltrabookである。13.3インチディスプレー搭載モデルと、11.6インチディスプレー搭載モデルの2種類がラインナップされる。いずれの機種もフルHD解像度のディスプレーを備えるという、高解像度が特徴のひとつである。

S7の11.6インチモデルは本当に薄い。USB 3.0ポートに毛が生えた程度の厚みしかない

 11.6インチモデルはアルミ合金製のボディーを備え、9時間のバッテリー駆動時間を誇る。ディスプレーはタッチパネル、キーボードはバックライト内蔵ながら、非常に薄く軽いボディーを実現している。

13.3インチサイズの「Aspire S7 13.3”」。デザインイメージは11インチ級とほぼ同じ

 一回り大きな13.3インチモデルは、ボディー天板に強化ガラス素材を使用して、「Glossy Design」と「最薄のフルHDタッチ対応Ultrabook」を標榜している。これはライバルであるASUSTeKが、すでにフルHD対応のZENBOOKを発表していることを意識したコメントだろう。驚きなのはバッテリー駆動時間で、12時間以上をうたっている。

13インチ級もボディーは薄いが、フットプリントが大きい分だけ実用的な数のコネクターを備えているようだ。
アルミ素材を多用したボディーのデザインは、奇抜なところはないがすっきりとして好感が持てる

ディスプレーが回転する27インチ一体型
Aspire 7600U

角度が自在に変えられる27インチ一体型「Aspire 7600U」

 ディスプレー一体型デスクトップの「Aspire 7600U」は、搭載する27インチフルHDディスプレーのアーム部分が稼働して、自由に角度を変えられるのがウリの製品だ。角度が変わるだけなら、レノボの「IdeaCentre A720」がすでにあるが、Aspire 7600Uのディスプレーは上下方向に回転するピボット機能を搭載。巨大な27インチディスプレーを縦置きで使うことも可能になっている。また、マルチタッチは最大64ポイントの検出が可能とのこと。

ディスプレー部分の角度は柔軟に変えられて、完全に水平な状態にもできる。ディスプレー部分の厚みは35mmと薄い
ディスプレー部分を縦に回転させた状態。27インチの縦表示は目の前で見るとかなり圧倒される。発表会では「世界最大の電子ブックプレーヤーだ」なんてジョークも飛び出すほど
付属のワイヤレスキーボードも、ディスプレー部分とデザインを統一してパームレスト部に透明ガラスを使っている

前へ 1 2 次へ

この特集の記事
ノートパソコン
デスクトップ
モニター

intel

詳しくはレビューをチェック