このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2012レポート特集 第23回

InWinの11枚アルミパネルのファンレスPCケース、発売予定もアリ?

2012年06月12日 19時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ブース巡りをしていると、いわゆるCOMPUTEX TAIPEI用に用意したと思われるコンセプトモデルのような製品を目にすることが非常に多い。と、思いきや。InWinブースで発見したユニークなケースが近日登場するかもしれない。

南港展覧館にブースを構えるInWin。例年通りその規模は大きく、多くの来場者が訪れていた

コンセプトモデルと間違えるほど奇抜な外観デザインとなる「H-Fream」

 毎年、南港展覧館に巨大ブースを構えるInWinは、PCケースのコンセプトモデルを非常に多く用意している。今回見つけた「H-Fream」も、その奇抜な外観デザインからすっかりコンセプトモデルだと思っていたが「いや、今年の夏ごろには発売するかもしれない」という担当者のコメントにびっくり。

本体は11枚のアルミ製フレームで構成され基本はファンレス仕様となる。なお、展示品のサイドはアクリルだが製品はアルミパネルとのこと

 本体は、11枚のアルミ製フレームで構成される。通気性に優れている、というか言ってみればスカスカの状態なだけに基本はファンレス仕様となる(増設は可能)。まさかと思うが「自分で組み立てるのか」と尋ねたところ「いや、完成品として販売する予定」とのこと。デザイナーズPCケースとでも呼べばよいのだろうか。価格については3万~4万程度はしそうということで、なかなか人は選びそうな製品であるが、話題性は十分だろう。

放熱性という意味ではこれ以上ないデザイン。ファン搭載用のマウンタも付属する

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中