このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第186回

最大8台のiPhoneとファイル共有できる「AirStash」を衝動買い

2012年04月05日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
AirStashはデジカメのSDメモリーカードを複数クライアントで同時に見ることができる

 20世紀末のAppleとIBM PCの対抗関係は、Mac OS vs Windowsという図式に変化し、21世紀のスマートフォンの時代になっても、iPhone vs Androidという図式で今後も継続していくのだろう。

 前者は発想の天才がリーダーシップをとって企画し、その商品は、ユニークかつ洗練されてはいるが、ユニークな思想を持ち、顧客以外の周囲と調和することにそれほど重きを置いていない。一方、後者はまだまだ未完成ではあるが、国際的な標準化を進め、パートナーや周囲と調和する姿勢を見せることによって業界標準の雄となろうとする。

 今回衝動買いした「AirStash」は、Wi-Fiという実績ある無線技術を利用して、そんな前者と後者を繋いでユーザーサイドに立った情報共有を実現しようとする周辺機器だ。すでに、昨今流行のクラウドコンピューティングを活用すれば、もっと広域でも同様のことができるが、AirStashはユーザーの身の回り数メートルの空間でほぼ同じことを実現してくれる「WiFi NASD」 (造語:WiFi Network Attched Secured Digital memory card)と呼ぶにふさわしいシャレたハードウェアだ。

写真画像だけではなくあらゆるパソコン系のファイルフォーマット、おスマホ様やタブレットなどのクライアントで共有できるごく普通のありふれたUSBメモリーに比較すると、ふた回りはデカイ「AirStash」

 パッケージを開くと標準サイズのUSBメモリーと比較して極めて大きなAirStashが現れる(幅33.2mm×奥行き92.5mm×13.0mm)。内部にはリチウムイオン充電池が入っており、透明なキャップを取り外しパソコンのUSBポートに挿入することで約2時間で充電でき、満充電した状態なら最大7時間ほど使用できる。

デカイといっても、普段iPhoneやiPadと一緒に持ち歩くにはコンパクトだキャップを外すとUSBコネクタが露出する、USBポートのあるパソコン用の単なるSDメモリーカードリーダーとしても使える
パソコンでもUSB・AC充電器でも充電はできた

 本体には電源スイッチが付いており、長押しすることでパワーオンして、Wi-Fiの電波を発信する。AirStashの後部には、SDメモリーカードスロットが1個あり、デジカメ画像などが収録されたSDメモリーカード(32GBまで)を挿入する。無線経由で、近隣のiPhoneやiPad、iPodなどからAirStashにアクセスして、収納されたSDメモリーカード内の撮影画像などのファイルを同時に8人まで見ることができる。

デジカメで使用したSDメモリーカードをAirStash後部から挿入する

「戦略的衝動買い」とは?

 そもそも「衝動買い」という行動に「戦略」があるとは思えないが、多くの場合、人は衝動買いの理由を後付けで探す必要性に迫られることも多い。

 それは時に同居人に対する論理的な言い訳探しだったり、自分自身に対する説得工作であることもある。このコラムでは、筆者が思わず買ってしまったピンからキリまでの商品を読者の方々にご紹介し、読者の早まった行動を抑制したり、時には火に油を注ぐ結果になれば幸いである(連載目次はこちら)。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン