このページの本文へ

シトリックスが仮想アプライアンスとして提供

VDI構築はサーバー1台でOK!「Citrix VDI-in-a-Box」

2012年03月30日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 3月29日、シトリックス・システムズ・ジャパンはVDI(Virtual Desktop infrastructure)のオールインワンパッケージ「Citrix VDI-in-a-Box」を発表した。

共有ストレージなども必要な従来のVDIとサーバー1台でVDI環境を構築できる「Citrix VDI-in-a-Box」

 VDI-in-a-BoxはVDI環境構築に必要なソフトウェアがセットになった仮想アプライアンスで、Citrix XenServer、Microsoft Hyper-V、VMware vSphere ESXi/vSphere上で動作する。通常の仮想環境で必要となる共有ストレージが不要なため、市販の汎用サーバー1台でVDIを構築できる。VDI-in-a-Boxコンソールにログインし、Windowsデスクトップのマスターイメージをインポート。必要な仮想デスクトップの台数を指定すると自動的にプロビジョニングと管理が始まり、さらにActive Directoryの設定も行なわれる。

 冗長構成用の機能も標準搭載するため、サーバーをもう1台用意するだけで可用性を向上可能だ。また、クライアント数が増えてもサーバーを追加するだけで、システムの再設計なしに拡張が行なえる。

 ウィザードと集中管理コンソールを用意しており、複数のVDI-in-a-Boxから構成されるグリッドも容易に展開、管理できる。詳細情報がすべてわかりやすく表示されるため、デスクトップ管理者が 設定に関して悩むことはないとしている。また、自動化されたポリシーベースの管理により、デスクトップのサポートにかかるコストを大幅に削減可能だ。

 VDI-in-a-Boxはコストパフォーマンスも優れており、同社では「PCの買い替えよりも低コストで仮想デスクトップの導入が可能」としている。同時接続50ユーザーによる新規導入を想定した場合、端末1台あたりのコストは約5万6000円で、PCの買い替え(約7万5000円)よりも低コストで仮想デスクトップの導入できるとのことだ。

カテゴリートップへ

ピックアップ