このページの本文へ

サバンナ、トータルテンボス、2700らが3分以内にコントを披露

ソフトバンク4G開始! ウルトラマンがお笑い芸人をジャッジ

2012年02月24日 14時48分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

SoftBank 4Gサービス開始イベントで
ウルトラマンが芸人をジャッジ!

 ソフトバンクモバイルは下り最大110Mbpsの転送速度を誇る次世代通信サービス「SoftBank 4G」を本日から開始した。SoftBank 4Gについては、(こちら)の記事に詳しい。

 この新サービスの開始を記念して、お笑い芸人である、サバンナ、トータルテンボス、2700らがネタを披露し、それをウルトラマンがジャッジするという、ソフトバンクならではのイベントが開催された。

 司会進行はサバンナの高橋さんが担当。ウルトラマンが出てくる前に、「失礼のないようにネタを練習しろ」とトータルテンボスのふたりに無茶振りし、5分の持ち時間だったはずが、ウルトラマンは3分以上いられないとの理由から「まったく同じネタを3分で終わらせろ」とさらにハードルを上げたのだった。

トータルテンボス 藤田さん(左)、大村さん(右)2700 八十島さん(左)、常道さん(右)サバンナ 八木さん
トータルテンボスのコントがオチに入る直前でストップをかけるという、ある意味ネタ潰しなフリをしたサバンナ高橋さん「5分じゃウルトラマン帰っちゃうぞ!」

 当初は戸惑っていた芸人たちだが、ウルトラマンが最新のモバイルルーター「101SI」を持って登場すると、SoftBank4Gのサービスかのように高速(早回し)でネタを始め、見事3分で終わらせたのだった。2700の常道さんは「この速度で左肘~右肘~とやるのはさすがにキツイ。背中がつりそうだった」と本音をポロリ。ピンでネタを披露したサバンナの八木さんは「高速だと、ネタが滑ってもすぐに終わるからいいよね!」とSoftBank 4Gを気に入ったようだった(?)

最新のモバイルルーター「101SI」を片手に颯爽と姿を現わしたウルトラマン。ジュワ! デヤ! しか言わないが、サバンナ高橋さんが通訳をしていた

 なお、ウルトラマンは2700のネタを気に入ったらしく、優勝者は2700だった。最後にサバンナの高橋さんは「SoftBank 4Gは通信速度が速くてサクサクなので、YouTubeのような動画サイトを見るのに最適です!」と太鼓判を押した。

トータルテンボスのふたり2度目のネタを披露している間、じっと見つめるウルトラマン。すでに3分は過ぎている
2700はお馴染みのネタに加えて、ウルトラマンもお気に入りだという「NGシーンのジャッキー・チェン」のモノマネも飛び出した
サバンナ八木さんのネタはすべりまくりで、相方の高橋さんはいたたまれなくなってフォローに入った(笑)
ウルトラマンが優勝に選んだのは2700。手を叩いて祝福していた最後は全員で「ジュワ!」

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン