このページの本文へ

au、6.7mmの富士通製スマホ「ARROWS ES IS12F」を発表

2011年12月05日 11時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは、富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製のAndroidスマートフォン「ARROWS ES IS12F」を1月上旬以降に発売する。

通信は3Gのみだが、4型ディスプレーを搭載しながら、約105gという超軽量でしかも防水の「ARROWS ES IS12F」。写真のカラバリはルビーレッド

 ARROWS ES IS12Fはすでに発表されている「ARROWS Z ISW11F」と異なり、WiMAXには対応していないものの、6.7mmという非常に薄型かつ、約105gという軽量ボディーが特徴的だ。

 ディスプレーは4型で有機ELを採用。カメラは約511万画素。また、FeliCa/ワンセグ/赤外線通信/防水の各機能に対応する。富士通独自の機能としては「サクサクタッチパネル」と名づけられた高速タッチ操作、音声が聞き取りやすい「スーパーはっきりボイス3」を搭載する。

こちらのカラバリはクロスブラック

「ARROWS ES IS12F」の主要スペック
メーカー 富士通東芝モバイルコミュニケーションズ
ディスプレー 4型有機EL
画面解像度 480×800ドット
サイズ 約64×127×6.7mm
重量 約105g
CPU 1.4GHz動作
OS Android 2.3
WiMAX対応 ×
WIN HIGH SPEED
国際ローミング CDMA/GSM
カメラ画素数 約511万画素CMOS
FeliCa
ワンセグ
赤外線
防水
メール(@ezweb.ne.jp)
Cメール
連続待受時間 約330時間
連続通話時間 約400分
カラバリ ルビーレッド/クロスブラック
発売時期 1月上旬以降

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン