このページの本文へ

冬のASCIIフェス会場でWindowsタブレットに“Touch”

AndroidでもiPadでもないタブレットを体験しよう!

2011年11月17日 19時47分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Windowsタブレット vs Androidタブレット
キミならどちらを選ぶ?

 アスキーグループが総力を挙げて開催する11月20日の「冬のASCIIフェス」。ここで、ビジネスマンの必須アイテムと言われるタブレットのタッチ&トライコーナーが設置される。展示されるのは、NECがリリースしているWindows7搭載タブレット「LaVie Touch」と、LenovoのAndroidタブレット「ThinkPad Tablet」の2機種だ。思う存分堪能して、商品選びの参考にしてほしい。

 タブレットと言えばiPadの一人勝ち状態と言われていたが、最近ではビジネス向けにタブレット需要が高まっており、来年はiPad以外のタブレットが躍進すると言われている。ビジネスマンがタブレットを持つメリットは以下のとおり。

  • 携帯性が高い
  • 閲覧中心の用途を想定
  • 立ったままでも使えるので利用シーンが広い
  • 対面型のプレゼンなどに適する
  • バッテリー駆動時間が長い

 もちろん、ビジネスマンだけでなく、一般ユーザーでもかなり利便性はあるだろう。そして、このLaVie TouchのOSはWindows7であるが、Windowsであることでかなりの恩恵が受けられる。

  • 普段使っているパソコンの環境をそのまま持ち出したい
  • 作成途中のファイルを出先でも編集したい
  • プリンターなどのWindows対応周辺機器を使ったり、
    DVDへのデータバックアップをしたい
  • Windowsに慣れており、操作がわかりやすいタッチ端末が欲しい

 また、この展示に先駆けて、タブレットPCに関するアンケートがこちらで行なわれているので参加してほしい。イベント当日もその場でアンケートに答えられるので、触ったうえでどちらがいいのか、判断してもらってもかまわない。一人でも多くのユーザーの投票を待っている!

緊急アンケート!
WindowsとAndroid、どっちのタブレットがほしい?


 ASCII.jpではタブレットに関するアンケートを実施します。下記のアンケートページからお答えください。結果は後日ASCII.jpの記事や編集部のUST放送にて発表いたします(イベント会場で実施するUSTではありません)。

アンケートページ

ASCIIフェスの現場では、WindowsタブレットとAndroidタブレットの戦いの火ぶたが切って落とされる!


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン