このページの本文へ

撮像素子を刷新しAFも3倍高速に!

60pに対応したソニーのレンズ交換式ビデオカメラ「NEX-VG20」

2011年08月24日 14時10分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「NEX-VG20」 「NEX-VG20」

 ソニーから、Eマウントレンズを装着できるビデオカメラ「NEX-VG20」が発表された。11月11日発売予定で、予想実売価格は本体のみが16万円前後、「18-200mm OSS F3.5-6.3」が付属するレンズキットが22万円前後となる。

 従来機種の「NEX-VG10」と同様にAPS-Cサイズ「“Exmor” APS HD CMOS」センサーを採用。ただし解像度が1420万画素から1610万画素にアップした。また、AFがVG10と比較して約3倍高速化しているという。

 さらに、VG10のセンサー出力は秒間30コマのプログレッシブで、これを秒間60コマのインターレースで記録していたが、VG20は秒間60コマのプログレッシブ出力が可能となり、そのまま60pの動画として記録できるようになった。加えて映画フィルムと同じ24pでの記録も可能となった。

液晶モニターがタッチパネルになった。さらにモニターは270度まで回転するようになり、自分撮りも可能に 液晶モニターがタッチパネルになった。さらにモニターは270度まで回転するようになり、自分撮りも可能に

 液晶モニターは3型(約92.1万ドット)と、サイズ、解像度こそVG10と変わらないが、VG20はタッチパネル式となった。加えて追従フォーカス機能が新たに搭載され、タッチした被写体に自動でピントを合わせ続けることが可能となった。

グリップの上部に録画ボタンを配置。ローアングル撮影がしやすくなった グリップの上部に録画ボタンを配置。ローアングル撮影がしやすくなった。その下にはHDMI出力を搭載するが、VG20では本体の液晶モニターとHDMI出力で同時に映像を表示できるようになった

 このほか操作面では、コントロールダイヤルに任意の機能を割り当てできるようになり、MF時にはプレビュー映像を4倍まで拡大表示できるようになった。リモコン操作に対応したほか、本体上部にローアングル撮影用の録画ボタンを新設した。

上部にあるマイクの形状は従来機と同じ。ただし5.1chサラウンド収録に対応している 上部にあるマイクの形状は従来機と同じ。ただし5.1chサラウンド収録に対応している

 4つのカプセル型マイクを内蔵した「Quad Capsule Spatial Array ステレオマイクロホン」は従来通り搭載するが、VG20では5.1chサラウンド収録に対応。さらに音声レベルを31段階で調整できるようになった。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン