このページの本文へ

キヤノンからクラウド対応のスキャナーが登場

2011年06月08日 13時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 キヤノンマーケティングジャパンは8日、キヤノン電子製ドキュメントスキャナーの新製品「imageFORMULA DR-C125」(イメージフォーミュラ)を7月上旬に発売する。価格はオープン(予想価格は4万4980円)。

 スタイリッシュなデザインのimageFORMULAは、新搬送機構「ラウンド・スキャン」で高い省スペース性を実現している。これは、給紙された原稿がUターンして本体前部に収まる新搬送機構で、従来のスキャナーで必要だった排紙スペースをなくすことができる。

imageFORMULA DR-C125

 また、一度に2枚の原稿が読み込まれた際、リタードローラーに触れた2枚目の原稿を押え、原稿を傷めず分離する「ダブらんスキャン」機能を搭載することで、重なった原稿でも1枚ずつ搬送する。2枚同時に搬送されて、スキャンに失敗するというミスもなくなるという。

 オンラインメモツール「Evernote」と連動していることも特徴で、名刺などをスキャンしてEvernoteに取り込み、スマホなどで外出先でも活用することができる。

サイズは幅300×奥行き156×高さ217mm、重量は2.6kg

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ