このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

日本HP、2010年冬モデルの家庭向けPC新製品を発表

2010年09月30日 11時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本ヒューレット・パッカードは30日、個人・家庭向けのノート/デスクトップパソコンの新製品を一斉に発表した。オーディオ機能を重視した新ブランドノートなどがラインナップされている。店頭販売モデル(量販店モデル)の価格は、全機種オープンプライスで、量販店モデルの発売日は10月7日の予定。


HP ENVY14 Beats Edition

HP ENVY14 Beats Edition

 新しく登場したノートパソコン「HP ENVY14 Beats Edition」は、米国ではすでに発売済みのハイエンドノート「HP ENVY」の1製品にあたる。ENVYシリーズは同社のほかのノートパソコンに比べて、性能やデザインにこだわった比較的高級なブランドに位置付けられている。

 HP ENVY14は「Beats」の名のとおり、音楽再生を重視した製品となっている。米国のアーティスト・音楽プロデューサーである「Dr.Dre」(ドクター・ドレー)のプロデュースにより、外観からデスクトップテーマまで、統一したイメージで構成されている。また、独自の音楽再生ソフト「Beats Audio」を搭載。Dr.Dreのとのコラボレーションにより「迫力ある重低音とクリアなサウンド」を実現しているという。

 14.5型ワイド/1366×768ドットのディスプレーを搭載したやや大型のノートで、重さは約2.58kg。量販店モデルと同社の直販サイト「HP Directplus」専用モデルで若干仕様は異なり、量販店モデルはCPUにCore i5-460M(2.53GHz)、直販モデルはCore i7-720QM(1.60GHz)を搭載する。グラフィックス機能はMobility Radeon HD 5650(ビデオメモリー1GB)を搭載。4GBメモリーと640GB HDD(量販店モデルは5400rpm、直販モデルは7200rpm)、DVDスーパーマルチドライブを内蔵する。

 OSはWindows 7 Home Premium 64bit版を搭載。Officeソフトは付属しないが、Adobe Photoshop Elements 8とAdobe Premiere Elements 8がプレインストールされている。発売は30日から。量販店モデルの予想実売価格は13万円前後。直販モデルの最小構成価格は10万5000円。

HP ENVY14 Beats Edition の主な仕様
直販モデル 量販店モデル
CPU Core i7-720QM(1.60GHz) Core i5-460M(2.53GHz)
メモリー 4GB
グラフィックス Mobility Radeon HD 5650
ディスプレー 14.5型 1366×768ドット
HDD 640GB(7200rpm) 640GB(5400rpm)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
無線通信機能 IEEE 802.11a/b/g/n、Bluetooth
OS Windows 7 Home Premium 64bit
実売価格 10万5000円から 13万円前後

HP Mini 210-2000

HP Mini 210-2000 HP Mini 210-2000
HP Mini 210-2000

 「HP Mini 210-2000」は、ネットブック「HP Mini」シリーズの最新モデルである。ボディー形状は従来のHP Miniシリーズを踏襲。新色「Charcoal」(チャコール、木炭)を天板とボディー下側に、シルバーをキーボードとパームレスト部に配色したカラーリングとなっている。

 CPUにはデュアルコアのAtom N550(1.5GHz)を搭載し、性能面の強化を図っている。重さは約1.38kgで、バッテリー駆動時間は最大約10時間という長時間駆動も特徴としている。ディスプレーは10.1型ワイド/1366×768ドットを搭載する。

 OSにはWindows 7 Starterを採用。販売は直販モデルのみで、最小構成価格は5万円から。30日から販売される。

HP Mini 210-2000 の主な仕様
CPU Atom N550(1.5GHz)
メモリー 1GB
グラフィックス CPU内蔵
ディスプレー 10.1型 1366×768ドット
HDD 250GB
無線通信機能 IEEE 802.11b/g/n
OS Windows 7 Starter
実売価格 5万円から

前へ 1 2 3 4 次へ