このページの本文へ

新サービス「サンシャイン王国」をケータイ、Android、PCに展開していく

auとサン牧のRekoo、携帯のアドレス帳を活用した新サービス

2010年09月17日 18時09分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは、国内ではmixi向けの「サンシャイン牧場」などで知られる中国のRekoo Mediaとその子会社であるRekoo Japanと共同で、新サービス「サンシャイン王国」(auケータイ向けには「au one サンシャイン王国」)を10月14日より提供することを発表した。

発表会に出席したたKDDI 代表取締役執行役員専務の高橋誠氏と、Rekoo Media CEOのパトリック・リュー氏

 サンシャイン王国は、「王国」と呼ばれる仮想エリア上に植物や建物などのほか、看護師、消防士などを計画的に配置することで発展させていくゲームである。またエコをテーマにしているのも特徴で、建物はCO2を排出、逆に植物は吸収するので、バランスを配慮する必要がある。基本的な利用料は無料だが、アイテム課金を導入している点などはサンシャイン牧場と同様である。

舞台は王国に変わったが、ゲーム内のイメージはこれまでのサンシャインシリーズと似通っている

アイテムは建物など以外に看護師なども。またKDDIをテーマにしたアイテムも用意されている

 新しい要素としては、auケータイのアドレス帳と連携できる点がある。auでは以前からケータイのアドレス帳の内容を専用のサーバー上にバックアップできる「au one アドレス帳」が提供されてきたが(利用料無料)、サンシャイン牧場はこの機能を活用。自分のケータイのアドレス帳の中にサンシャイン王国をプレイしている知人がいた場合に、メッセージを出すなどして国作りをお互いにサポートできるようになる。

 なおサービス開始時点ではauケータイのみの提供となるが、今冬以降に他社ケータイ、Android対応スマートフォン、PCへと対応機種を拡大する予定である。これらの端末でサンシャイン王国をプレイした際も、登録したメールアドレスをau one アドレス帳のデータと照合して、知人を発見できるようになる。

au one アドレス帳の機能を利用し、サーバー上に保存したアドレス帳のメールアドレスを用いて、知人とプレイヤーを結びつける

 なお、この知人発見システムは「ともだちマネージャー」と名付けられており、サンシャイン王国が初の採用となる。KDDI グループ戦略統括本部 新規ビジネス推進本部 ポータルビジネス部長の江幡智広氏によると、ケータイのアドレス帳によるソーシャルグラフの活用は、SNSなどのコンテンツプロバイダー(CP)からは以前から求められていた要素でもあり、今後は他のCPとも話し合いをしながらシステムを提供していく予定だとする。

 また説明時に登壇したKDDI 代表取締役執行役員専務 高橋誠氏は、Rekoo Mediaと提携した理由について、世界11ヵ国でサービスを提供するソーシャルゲームの最大手であることとともに、その圧倒的な開発スピードに驚かされたことを強調していた。

 同時に新しいトレンドへの対応やプラットフォームの創出には今後も積極的に取り組んでいくとし、遅れがちだったスマートフォン、特にAndroidへの今冬以降の対応についても改めてアピールした。

新しいメディアや今後のスマートフォンへの取り組みについても改めて説明が行なわれた

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン