このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Windows Serverで学ぶサーバOS入門第27回

Internet Information Servicesのインストールと設定

Windows Serverの標準Webサーバ「IIS」を活用しよう

2010年08月03日 09時00分更新

文● 横山哲也/グローバルナレッジネットワーク株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

第23回から前回までは、4回にわたってWindows Serverによる電子証明書の解説を行なった。今回は話を変え、「Internet Information Services (IIS)」を紹介する。IISはインストールや管理が簡単な割に性能が高い。かつては多くのセキュリティホールに悩まされたが、近年はセキュリティレベルもずいぶんと向上しているのだ。

 WebサーバとしてはLinuxなどで動作するApacheが有名だが、Windows Server付属のIISのシェアも高い。特に、大企業の社内WebサイトではIISが多いようである。インターネット向けのWebサイトでも、米国の大企業ではIISがよく使われているらしい。

 加えて、Windows Serverの機能にはIISと連携して動作するものがある。たとえば、前回紹介した「Active Directory証明書サービス」の証明機関Web登録サイトはその一例だ。企業内の情報管理サイトとして人気のあるSharePoint ServerもIISを使っている。Windows Server管理者としては、IISの基本的な知識はぜひ身に付けておきたいものだ。

 Windows Server 2008に付属するIISのバージョンは7.0である。IISには、単なるWebサーバの機能だけでなく、Webアプリケーションの実行環境やFTPサーバの機能が含まれる。

IISのインストール

 IISは、他の役割と同様にサーバーマネージャから追加する。手順は以下の通りだ。

  1. 「サーバーマネージャ」の「役割」を右クリックし「役割の追加」を選択。(画面1)
  2. 画面1●サーバーマネージャから、役割の追加ウィザードを起動する
  3. 「サーバー役割の選択」で「Webサーバー(IIS)」を選択する(画面2)
  4. 画面2●ウィザードが始まるのでIISを選択する
  5. 適切な「役割サービス」を選択し、確認画面で「インストール」をクリック。選択する役割サービスによっては、確認画面の前に追加の画面が表示される

 役割サービスは、各役割(Active Directoryドメインサービスや、DHCPサーバ、そしてIISなど)のサブモジュールのことだ。IISの場合、よく使う役割サービスには以下のものがある。

(1)HTTP基本機能

 HTTPリダイレクト以外は既定で選択される。HTTPリダイレクトは、別のWebページにWebブラウザを誘導する機能だ

(2)アプリケーション開発

 動的にWebページを生成する機能。本格的なWebアプリケーションを使うには必須となる

(3)セキュリティ機能

 認証やアクセス制限の機能。特に、Windows認証はActive Directoryと連携するため、イントラネットでは非常に便利だ

(4)管理ツール

 標準的な管理ツールのほか、IIS 6.0互換ツールなども含まれる。IIS 6.0にしか対応していないWebアプリケーションをIIS 7.0で動作させるために必要である

(5)FTP Publishing Service

 FTPによるファイル転送をサポートする。FTPサーバと管理コンソールとで構成される

 役割サービスの追加は、「サーバーマネージャ」で「役割」-「Webサーバー(IIS)」を右クリックし、「役割サービスの追加」を選択する(画面3)。

画面3●IISで利用する役割サービスの選択

(次ページ、「SMTPサーバの構成」に続く)


 

前へ 1 2 次へ

この連載の記事
ピックアップ