このページの本文へ

Core i7/i5プロセッサーの搭載モデルなどをラインナップ

デル、法人向けノート「Latitude E6510/E6410/E6410 ATG」

2010年04月12日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月9日、デルは企業/教育機関/官公庁向けのノートパソコン「Latitude」(ラティチュード)シリーズの新機種として、インテル最新CPUを搭載した企業向けノートPC「Latitude E6510」「同 E6410」「同 E6410 ATG」を発表した。

 新モデルは、Core i7/i5を搭載。インテルAMT6.0のvProテクノロジーに対応し、管理機能を強化しているのが特徴。また、落下によるデータ損失からの保護するフリーフォールセンサーや、3メガピクセルウェブカメラを採用する。外観では、スレートシルバーを基本に、指紋の付着や経年劣化を防ぐフィニッシュが施された3色のカラーオプションが用意される。

スタイリッシュなプロフェッショナルノートPC「Latitude E6510/E6410」

Latitude E6510

Latitude E6410

 Latitude E6510は、CPUにCore i5-520を採用し、液晶ディスプレーは15.6インチ、メモリが2GB、HDDは160GB、OSがWindows 7 Professional 32ビットなどとなるベーシックパッケージが11万9980円。オプションでCPUにi7-820QM/720QM/620M/i5-540M、メモリが最大8GB、HDDは500/350/250GB、SSDが250/128GBなども選択可能だ。

 Latitude E6410は、液晶ディスプレーが14.1インチとなるほか、E6510に準ずるスペックのベーシックパッケージが11万9980円。オプションでCPUにi7-620M/i5-540M、メモリが最大8GB、HDDは500/350/250GB、SSDが250/128GBなどが選択可能となっている。

 さらに、E6510/E6410ともにNVIDIAのディスクリート・グラフィックス(オプション対応)にも対応可能だ。

米国国防総省の耐久基準クリアの「Latitude E6410 ATG」

Latitude E6410 ATG

 Latitude E6410 ATGは、どのような環境でも高い生産性を発揮できるよう設計された高度な耐久性を実現するセミラグド(準高耐久)・ノートPC。米国国防総省の耐久基準(MIL-STD 810G)に規定されている過酷な温度環境、振動、ほこりの侵入などの厳格な要件に適合している。CPUにCore i5-520を採用し、液晶ディスプレーは14.1インチ、メモリが1GB、HDDは160GB、OSがWindows Vista Home Basic SP2 32ビットなどとなるスタンダードパッケージが21万4935円となっている。

 また、全モデルにWindows OSを起動することなく、メール/カレンダー/連絡先を利用できる「Dell Latitude ON」機能や、仮想リモートデスクトップのコントロールに対応する「Dell Latitude ON Flash」なども搭載される。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ