このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

目指せ快適! MacBook Pro長期レビュー第17回

MacBook Proで「バランスWiiボード」を使おう!

2010年03月30日 16時30分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

EarthSurferは動作せず

 そこで、EarthSurferを手始めにMacでバランスWiiボード体験……のはずが、いきなりつまずいた。

 アプリを起動した状態でボード裏の「SYNC」ボタンを押せば、あっさりと認識される。しかし、画面は青い地球が表示された状態から変化がない。ウインドウの「Search」欄に地名を入力しても、ボード手前にあるボタンを押して登録済の土地に切り替えようとしても、何も起こらないのだ。EarthSurferの動作に必要なプラグイン(Google Earth Web Plug-in)もインストールしたし、「EarthSurfer.app」も32bitアプリだし、筆者の環境設定にミスがあるわけでもなさそう。

 調べたところ、EarthSurferのコードはMacworld 2009以降ほぼ変化がない模様。一方のGoogle Earthは、バージョン5でAPIが大幅に改善されたため、EarthSurfer側にも対応が必要なようだ。

右下に「Connected」と表示され、確かにバランスWiiボードは認識されているのだが……

 しかし、これでテストを断念するわけにもいかない。次なる獲物を……ということで、以前も取り上げたことがあるMac用のWiiリモコンドライバー「Wiiji」を試してみた。実はWiijiはWiiリモコンだけでなく、バランスWiiボードにも対応しているのだ。

 今回使用したのは、公式サイトで配布中の公式バージョン1.2ではなく、オープンソースならではの非公式なパッチを適用したバージョン1.3pre。筆者は動作確認しているが、パッチのソースコードは公開されていないなど一般にはお勧めできないため、どうしても使いたい場合は「wiiji-1.3pre.dmg」で検索してみよう。発見できた場合も、必ずウイルスチェックすること!

フリーのWiiリモコン/バランスWiiボードドライバー「Wiiji 1.3 pre」

HID準拠ジョイスティック代わりに使えるが……

 このWiiji 1.3preをインストールすると、ユーティリティフォルダに「Wiiji」がコピーされる。これを起動すると、メニューエクストラにアイコンが現れるので、「Rescan for Wiimotes」を選択すべし。バランスWiiボード側のSYNCボタンを押すと、「Wiimote(1)」として登録されるはずだ(公式バージョンのWiiji 1.2では何度試しても登録できなかった)。

 登録できれば、あとは対応ソフトを探せばOK。筆者の場合、最初に試したのは「Joystick and Gamepad Tester」。その名のとおり、ジョイスティックから入力される情報を試すことができるユーティリティだ。

 このソフトを起動し、プルダウンメニューから「Wiimote VirtualHID Interface」を選択し、バランスWiiボードで体重移動すれば、X/Y座標の変化が読み取れるはず。ちなみに、前面のボタンは「Button #1」として認識される。ということは、HID準拠のジョイスティックに対応したソフトであれば、そのままバランスWiiボードで楽しむことができそうだ。

「Joystick and Gamepad Tester」でバランスWiiボードを試したところ

 ゲームならいろいろあるだろう……と楽観視していた筆者だが、少々しょっぱい結果となった。すぐに発見できたのは「Extreme Tuxracer」や「Neverball」ぐらいで、キャラクターの動きが横方向のみ、できればボタンは使わない(プレイ中に前面のボタンを足の指先で押すのはかなり厳しい)という条件のMac向けゲームは予想以上に少ない。

 というわけで、動きが横方向のみ/ジョイスティック対応のMac用ゲームに関する情報をお待ちしてます!

Extreme Tuxracer(左)とNerverball(右)はバランスWiiボードで遊べる!

筆者紹介──海上忍


 ITジャーナリスト・コラムニスト。アップル製品のほか、UNIX系OSやオープンソースソフトウェアを得意分野とする。現役のNEXTSTEP 3.3Jユーザにして大のデジタルガジェット好き。近著には「改訂版 Mac OS X ターミナルコマンド ポケットリファレンス」(技術評論社刊、Amazon.co.jpで見る)など。



前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中