このページの本文へ

ノバック「Cassette&Record to DIGITAL」

レコードもテープもデジタル化したい人に最適プレーヤー

2010年03月04日 21時40分更新

文● 宇田川和成/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ノバックからレコードやカセットテープの音源をデジタル変換できるUSBプレーヤー「Cassette&Record to DIGITAL」(型番:NV-CR001U)が発売された。

レコードやカセットテープの音源をデジタル変換できるUSBプレーヤー「Cassette&Record to DIGITAL」((型番:NV-CR001U)

 本製品は、レコードおよびカセットテープを再生してデジタルデータに変換記録できるレコード&カセットプレーヤー。PCとの接続はUSBで、変換は付属の専用ソフト「Record Mate LP」(Windows XP/Vista/7対応)を用いる。「Record Mate LP」は、自動分割、手動分割なども可能。録音フォーマットは、MP3/WMA/WAVの3種類。ビットレートは、32/64/128/192/320kbpsの5種類。本体に3W×2のスピーカーを内蔵し、単体での再生もできる。
 主なスペックはサイズが324(W)×274(D)×125(H)mm、約2.5Kg。S/N比は45db以上/35db(レコード/カセット部)。なお、カセットテープとレコードは排他利用となる。価格はクレバリーインターネット館で1万4780円、パソコンハウス東映で1万3930円(5日より販売)となっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中