このページの本文へ

コミックマーケット77レポート第15回

ただの車に用はありません! あうとさろーね【1日目】

2010年01月07日 23時11分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部 写真提供●チームボーカロイドのイイ男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

人生、いつかはクラウン

なんとKeyから使用許可をもらったという、CLANNADクラウン! ドアサイドの「クラニャド」がポイント。あと、車高がかなり低い!

みっくみくレガシーワゴン

リアウィンドウの巨大なミクが印象的なレガシーワゴン。両サイドとも手作り感があってオーナーの愛がわかる

なんと光岡のラ・セードが!

クラシカルで個性的な車種で有名な光岡自動車。これはシルビアをベースとしているラ・セードというクルマなのだが……。うーん、もったいない! ちなみに施工はミクZ4のラッピングを担当しているYMG1にしてもらったとのこと。しかしまあ、シルビアの面影まったくナシ!

スポコン仕様ボカロオデッセイ

ローダウンしてウィングつけて、ホイール替えて……と、かなり本気モードのオデッセイ。サイドのゆる~いミクとのギャップがいい。そういえばミクZ4もこのイラストで走ったっけ……

新型bBは咲で武装!

股人……いや個人タクシーかと思ってしまう咲bB。このクルマの中で麻雀やっててもおかしくない

こちらは咲フィット

サイドのイラストはサイドステップからルーフまでを使った大胆なデザイン。コンパクトカーのフィットが大きく見える

そそり立つ、けよりなスープラ

最近、痛車界でブームなのか、ガルウィングをよく見かけるようになってきた。クルマの横にはほぼ同じデザインのラジコン、そしてリアハッチにはドールの皆さんが鎮座!

(次ページへ続く)

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ