このページの本文へ

親和産業「ICD7C」

なんとグリスにダイヤモンドが7カラット!?

2009年10月07日 23時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ダイヤモンドの優れた熱伝動率(2000~2500W/mk)を利用したというグリス「ICD7C」が親和産業から発売となった。

「ICD7C」
ダイヤモンドの優れた熱伝動率(2000~2500W/mk)を利用したというグリス「ICD7C」が親和産業から登場

 同製品は、「銀と比べて5倍以上の熱伝導率が有り、高性能CPUを冷やす優れた冷却能力があります。ダイヤモンド含有率92%」(親和産業)というのが特徴のグリス。価格はパソコンハウス東映で1100円、アークとTSUKUMO eX.で1380円となっている。

特徴
「銀と比べて5倍以上の熱伝導率が有り、高性能CPUを冷やす優れた冷却能力があります。ダイヤモンド含有率92%」というのが特徴。興味のある人は一度使ってみては?

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中