このページの本文へ

Snow Leopard初のアップデート 10.6.1が登場

2009年09月11日 19時29分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは11日、「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」の最新版となるバージョン10.6.1を公開した。

「アップル」メニューから「ソフトウェア・アップデート」を選択することでアップデートを実行できる

 OS全体を修正することで、Macの安定性や互換性、安全性が向上したとのこと。このほか、下記の問題が解消した。

  • DVDの再生が予期せず停止する可能性
  • 互換性のあるプリンタドライバーの一部が、プリンタを追加するブラウザーで正しく表示されない
  • Dockから項目を取り除きにくくなる
  • Mailでアカウントの自動設定ができない場合がある問題
  • Mailで「コマンド」+「オプション」+「t」 を押した場合に、メッセージを移動する代わりに特殊文字メニューが表示される
  • 「Motion 4」が応答しなくなる

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中