このページの本文へ

2014年4月8日までセキュリティーサポートは継続

XPの「メインストリームサポート終了」ってどういうこと?

2009年04月16日 09時00分更新

文● 佐久間康仁/企画報道編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイクロソフトが15日に発表した「Windows XPメインストリームサポート終了」のお知らせ。すでに店頭出荷版「XP SP3」は1年前(2008年4月21日)に販売終了している。今回の発表内容はどういうことだろうか。

「Windows XPメインストリームサポート終了」のお知らせ

マイクロソフトの「Windows XPメインストリームサポート終了」のお知らせページ

 マイクロソフトの公式サイトによると、メインストリームサポート終了によって、

  • インシデント サポート(メールや電話による無料サポート)
  • セキュリティー関連以外の修正プログラムの新規リクエスト

の2つの対応が終了することになる。つまり、今後も有償サポートは継続して受けられるほか、セキュリティー関連のアップデートは2014年4月8日(米国時間)まで継続して行なわれるというわけだ。

 ただし、Windows XPのエディションによって期間や内容には差異があるので、詳細は同社Webサイトで確認してほしい。


カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ