このページの本文へ

手塚プロダクション、“鉄腕アトム”などのブロードバンド配信を開始

2007年03月19日 22時25分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)手塚プロダクションは19日、(株)M&E Associatesと共同で、パソコン向けのVOD配信として初という“アストロボーイ・鉄腕アトム”などのブロードバンド配信を同日付けで開始すると発表した。“鉄腕アトム (新)”などから順次配信を開始し、価格は、1話が105円から、5話パックが525円から。視聴期限は7日間。ヤフー(株)の“Yahoo!動画”やエヌ・ティ・ティ・レゾナント(株)の“goo”などから配信する。

鉄腕アトム (新)、(C)Tezuka Productions アストロボーイ・鉄腕アトム、(C)Tezuka Productions・SPEJ
鉄腕アトム (新)、(C)Tezuka Productionsアストロボーイ・鉄腕アトム、(C)Tezuka Productions・SPEJ
3月~4月配信開始主要作品

提供するコンテンツは、“アストロボーイ・鉄腕アトム (2003年TVシリーズ)”や、“KYOTO 手塚治虫ワールド”のアニメシアター限定上映作品の“鉄腕アトム~青騎士の巻”“鉄腕アトム~地球最後の日”など、今までビデオ/DVD化されていなかった作品を含み、将来的には手塚治虫氏原作のアニメーション全タイトル規模(TVアニメ23シリーズ、劇場版アニメ27作品など105作品シリーズ)の配信を計画している。配信帯域は300kbps/500kbps/1Mbps。視聴にはWindows Media Playerを利用する。

サービス当初は、“Yahoo!動画”や“goo”のほか、NECビッグローブ(株)の“BIGLOBE VIDEO STORE”、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(株)の“OCN”、ニフティ(株)の“@nifty 動画”がサービスを提供し、コンテンツ配信サービス業者や携帯電話向け配信業者などの配信パートナーに向け拡大を図っていくとしている。

同社では、手塚治虫生誕80周年を迎える2008年秋をめどに、手塚治虫原作のアニメ全作品のデジタルアーカイブ化を目指すほか、今後は、海外でのブロードバンド配信/インターネット限定アニメーションの制作/配信も視野に入れているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン