このページの本文へ

駅前探検倶楽部、Vista向けに“Gadget運行情報”の配布を開始

2007年02月21日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)駅前探検倶楽部は21日、Windows Vistaの“サイドバーガジェット機能”に対応し、運行情報を知らせるアプリケーション“Gadget運行情報”のダウンロード提供を同日付けで開始したと発表した。ウェブサイトでダウンロードできる。

運行情報が無い場合 運行情報が有る場合 運行情報の詳細表示
運行情報が無い場合運行情報が有る場合運行情報の詳細表示
“Gadget運行情報”

“Gadget運行情報”は、Windows Vistaの“サイドバーガジェット機能”を利用し、デスクトップ上に常駐し、列車の運行情報をインターネットを利用して自動更新するアプリケーション。ユーザーはあらかじめ運行情報が知りたい路線を選択/設定し、列車が正常に運行している場合はボタンが青く表示され、列車の運行停止/遅延情報を取得するとボタンが赤く表示されユーザーに通知するのが特徴。ボタンをクリックすれば、運行情報の詳細を確認できる。

30日間の無料お試し版として提供し、インストールから30日間は無料で利用できる。お試し期間が過ぎても利用できるが、取得できる運行情報の範囲がJR首都圏在来線のみとなる。乗り換え案内/時刻表ソフト『駅探エクスプレス』を購入すれば引き続きGadget運行情報の全機能を利用できる。『駅探エクスプレス』の価格は年間ライセンス料として1890円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン