このページの本文へ

オンキヨー、横幅205mmのオーディオパソコン『HDC-1.0』を発表

2007年02月01日 16時19分更新

文● 編集部 小林久

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オンキヨー(株)は1日、オーディオ設計技術に関する同社のノウハウを投入したデスクトップパソコン『HDC-1.0』を発表した。価格はオープンプライスで2月3日から順次出荷する。

HDC-1.0
HDC-1.0


デスクサイドにさりげなく置きたい“205mm筐体”

『HDC-1.0』は、同社の単品仕様ミニコンポ“INTEC 205”シリーズと親和性の高い横幅205mmの筐体を採用。フォームファクターは“Mini-ITX”で、CPU(Core 2 Duo T5500-1.6GHz)、チップセット(インテル945GM+ICH7M)、HDD(2.5インチ 120GB)などは、ノート用のものを採用している。後述する“双方向無線リモコン”を使ったモニターレスでの音楽再生など、他社のパソコンにはない試みも盛り込んだ。

単体販売(実売21万円前後)のほか、プリメインアンプとのセットモデル『APX-1』(実売25万円前後)や、新開発アクティブスピーカーとのセットモデル『SPX-1』(実売26万円前後)も用意される。出荷時期はAPX-1が先行して2月上旬。他の2モデルが3月上旬だ。



ファンレスではないが“静か”

オーディオ機器に迫る音質を実現するために、同社が特に重視したのが、熱対策(冷却機構)と騒音の低減だ。

熱対策に関しては、筑波にあるインテル(株)の研究所と協力。CPUやチップセットから発する熱を、大型のファンとエアダクトで効率よく排出し、低いファンの回転数でも十分な放熱性能が得られる設計とした。

また、音に影響を与える振動に関しても徹底した対策を施している。ブチルゴムを利用して、振動の原因となる回転系の部品(光学式ドライブやファンを内蔵したエアダクトなど)を中空に浮かせたり、防振テープなどを適所に使用して、共振による騒音の発生を防いでいる。これらの対策により、マシンの騒音もWindows起動時で22dBと非常に小さく抑えられている。

音質の肝となるサウンドカードは、音にこだわる自作ユーザーを中心に高評価を受けている『SE-90PCI』のカスタマイズ品。グランド電位を安定させる“銅バスプレート”やデジタル信号をアナログ信号に変換する際に生じる“パルス性ノイズ”を除去する独自技術“VLSC”も健在だ。本体背面には、アナログのステレオ入出力(金メッキRCA端子)とSPDI/Fの光角型デジタルオーディオ出力を装備する。

付属のリモコンは、2.4GHz帯の無線を使ってパソコンを操作できるほか、赤外線経由でアンプやスピーカーの音量調整が行なえる。リモコンの上部には、小型のモノクロ液晶ディスプレーが装備されており、パソコンのディスプレーを消した状態でも、現在再生しているファイルの曲名やアーチスト名の参照やパソコン内の音楽ファイルの選曲操作を行うことができる。



小型筐体と高品質なパワードスピーカーは
PCオーディオのひとつの回答になるか?

3モデルのうち先行販売されるAPX-1に付属するアンプ(A-905HD)は、“INTEC 205”シリーズのアンプ『A-905FX』と同一の仕様。本体のデザインに合わせ、アルミ製フロントパネルを梨地処理からヘアライン処理にするなど、外観を変更している。背面にはバナナプラグ対応のスピーカーターミナルを備えており、市販の単品スピーカーを自由に選択することができる。

一方、SPX-1はワンボックスのミニコンポのような手軽さがウリ。付属のスピーカーはデジタルアンプ内蔵で、オンキヨー製スピーカーの特徴であるA-OMFモノコックコーンウーファーやリング型ツィーターを使用する。背面にアナログ2系統のステレオ入力(金メッキRCA端子)、光角型のデジタル入力を備え、複数の機器の接続が可能なほか、サブウーファー出力や ヘッドホン出力(3.5mm径)も備えている。

スピーカーは同社の『D-D1E』をベースにしたもので、右チャンネルの下側にアンプを内蔵する関係で、バスレフポートの位置と形状が異なる。また、デザインも同社のブックシェルフスピーカー『D-312E』の雰囲気を受け継ぐヨーロピアンテイストのツートンカラーにしている。

アンプ部分も新規開発だが、こちらはミニコンポ『CR-D1』に使用されているモジュールをベースにしているという。CR-D1は、CDプレーヤーFM/AMチューナーなどを1ボックスにまとめたCDレシーバーで、低価格/省スペースながら音質に優れる“高コストパフォーマンス機”として、市場の評価も高い。出力は40W+40W(4Ω)。周波数特性は50Hz~100kHz。

今回オンキヨーの試聴室で、e-onkyo music storeで配信中の24bit/96kHz音源を、完成直前というSPX-1で聞く機会を得たが、一般的なパソコン用パワードスピーカーとは一線を画する音質の高さを実感できた。コンパクトなシステムだが、適度な重量感と歯切れの良さを感じさせる低域、押し出しの強い中域が魅力。24bit/96kHzで収録された“モーツァルトのピアノ協奏曲”では、迫力あるオーケストラの低弦に支えられた、均整の取れた音のバランスがコンサートホールで聴く印象に近い。また、同じく24bit/96kHzの演歌(森昌子の『越冬つばめ』)では、ボーカルがゆったりと前に出てきて、横幅205mmのパソコンと容積が5リットルのスピーカーの音とは思えないスケール感があった。高域に関してはわずかににごりがあり、透明感を求めたい気もしたが、この点に最終調整前の試作機ということで、最後の追い込みに期待したい部分だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン