このページの本文へ

【2007年年頭挨拶ニュースリリース】(株)ウィルコム代表取締役社長 喜久川政樹氏

2007年01月05日 23時23分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2007年年頭挨拶

新年明けましておめでとうございます。

年が替わり2007年、私から、全社員のベクトルを合わせるために、2つの指針を示させていただきます。

一つ目は、「戦う集団」になろうということです。
携帯事業者各社はこの春を最大の商戦期と捉えています。その中で、我々ウィルコムが存在感を出し、成長していくことが出来ることを証明していきましょう。
そのためには、次に述べる携帯事業者各社が真似できない、あるいは真似しにくい分野で勝ちきることを絶対に実現してください。
(1)音声定額 (2)スマートフォン (3)法人マーケット
この3つは、間違いなく携帯陣営との激戦区になりますが、我々の独自性を全面に出し切れば必ず勝ちきれます。
今年の干支通り、「猪突猛進」して勝利しましょう。

二つ目は、売上の成長並びに黒字経営の継続をリーダーが率先して実現することです。
今年は旧DDIポケットとしてPHS事業を開始して12年目、即ち干支も一回りしたということです。これからの「一回り」は売上も伸び、利益も伸ばしていく素晴らしい会社にしていきましょう。
そのためには、私も含めたリーダー一人一人が「売上の最大化・費用の最小化」に常に気を配り、かつ将来の成長が見込まれる分野には人員・資金を投入していくスピーディな経営を実現していくことが重要です。

この1年、素晴らしいウィルコムを創生していきましょう。

(569文字)

以上

(丸付き数字を(1)などとしたほかは、用字用語は原文のまま)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン