このページの本文へ

プラネックス、NASキット『NAS-01G』向けにBitTorrent機能を追加するファームウェアを公開

2007年01月05日 17時57分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プラネックスコミュニケーションズ(株)は2006年12月28日、同年10月に発表したNASキット『NAS-01G』向けに、ファイル共有プロトコル“BitTorrent”機能を追加したファームフェアのダウンロード提供を、同日付けで開始した。同社ウェブサイトから無償でダウンロードできる。なお、ファームウェアはβ版となっており、英語版のみの提供となる。

今回発表されたファームウェアを利用することで、ウェブブラウザーを利用してダウンロード設定をしておけばクライアントパソコンの電源が入っていなくてもNASにファイルをダウンロードできるようになる。

『NAS-01G』のインターフェースは10/100/1000BASE-T、USB 2.0×2で、対応プロトコルはTCP/IP、HTTP、SMB、FTP、DHCP、UPnP、NTP。HDDは400GBまで搭載可能。クライアントパソコンの対応OSはWindows XP/2000/Me/98 SE、Mac OS X 10.2以上。本体サイズは幅204×奥行き71×高さ132mm、重量は約780g(HDDを含まず)。価格はオープン。直販サイト“PLANEX Direct”での価格は1万9801円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン