このページの本文へ

東芝、ソニー製電池パックの自主交換プログラムで協力

2006年09月29日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)東芝は29日、同日付けでソニー(株)が発表したノートパソコン用電池パックの自主交換プログラムの発表を受けて、自主交換プログラムを実施する予定と発表した。

同社製ノートパソコンでは、デル(株)やアップルコンピュータ(株)が自主交換を行なっている過熱問題と同じ原因による事故は発生していないが、ユーザーが安心して使用できるように、ソニーと協力して自主交換プログラムを実施する予定という。

対象機種は、dynabook SS LX/L10/L11/M10/M11/M35/MX/MXW、dynabook R10、dynabook TX/2~TX/4、Qosmio G30/F30、Satellite T10/T11/T12/T20、TECRA M3/M4/M5/M7/S3、PORTEGE S100/M300/M400/M500、Satellite A50。

なお、詳細については決まり次第発表するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン