このページの本文へ

松下電器、LUMIXと組み合わせるとよりきれいに印刷できるフォトプリンターを発表

2006年10月02日 16時05分更新

文● 編集部 橋本優

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

松下電器産業(株)は2日、3.6インチのIPS液晶パネルを搭載した“LUMIX(ルミックス)”ブランドの昇華型フォトプリンター『KX-PX20』を発表した。発売は10月下旬で、価格はオープンプライス。実売想定価格は2万円前後。

『KX-PX20』
『KX-PX20』

SDHCメモリーカード(4GB以上の記録が可能なSDメモリーカードの上位規格)に対応するカードスロットを搭載し、デジカメで撮影した画像をパソコンを介さずにL判のサイズ、ポストカードサイズ、および16:9の画面比率に対応するワイドサイズ(101×208mm)で出力できる。なお、用紙は専用カセットで給紙するが、付属するのはL判用カセットのみで、ポストカード用とワイドサイズ用は別途購入する必要がある。

操作用のディスプレーには、上下左右170度の視野角を持つISP液晶パネル(約23万画素)を採用し、ピンぼけやブレなども確認できるという。印刷時には明るさやコントラストなどを自動で補正してくれる“ビビッドトーン”機能が利用可能で、さらに同社のデジタルカメラ“LUMIX”(今年2月発売以降のモデル)で撮影した画像であれば、LUMIXの撮影画像に付与された特別なシーン情報を元に、さらに補正をかける。これにより人肌や夜景などが自動補正でよりきれいに出力できるという。

プリントテンプレートとしてカレンダーフレーム(17種類)や飾りフレーム(18種類)、スタンプ(112種類)が用意されており、写真の装飾処理が可能。これらの処理は印刷中も可能なため、装飾処理中は印刷できないということがなく、複数枚の写真を打ち出す場合でもロスタイムがない。

PictBridgeに対応したUSBポートを前面に搭載するほか、背面にはパソコン接続用のUSB端子を搭載。そのほかコンポジットビデオ出力を搭載し、リモコンも付属。大画面テレビと接続して大きな画面で写真の確認やメニュー操作を行なうこともできる。

主なスペックは以下の通り。

記録方式
熱昇華転写記録方式
対応記録紙
L判(89×148mm)
ポストカード(101×180mm)
ワイドサイズ(101×208mm)
1枚あたりの印刷スピード
L判:58秒
ポストカード:65秒
ワイドサイズ75秒
記録ドット密度
300×300dpi
対応画素数
6144×4096ドット
対応画像形式
JPEG、TIFF(PictBridgeでの印刷は不可)
本体サイズ
幅173×奥行き131×高さ69mm(カートリッジ含まず)
重量
1050g(カートリッジ含まず)
     
  •  
  •    

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン