このページの本文へ

JALとANA、機内のインターネットサービスを年内で終了

2006年09月22日 21時08分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)日本航空と全日本空輸(株)は22日、機内でのインターネットサービス“JAL機内インターネットサービス”と“ANA@AIR”を12月29日に終了すると発表した。

これは、両社が利用している米ボーイング(Boeing)社のコネクション・バイ・ボーイング(Connexion by Boeing)部門が提供している衛星通信を利用したインターネット接続サービス“Connexion by Boeing”のサービスが終了することに伴うもの。米ボーイングは、期待していたほど同社のサービスが利用されていないことから、8月に事業の中止を発表しており、今回、JALとANAに正式に事業中止が通知されたという。

今後、JALとANAの両社は、10月3日の出発便(日本発/海外発)から12月29日まで、機内インターネットサービスを無料で提供するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン