このページの本文へ

ナイキジャパン、『Nike + iPod スポーツキット』を10月28日に発売

2006年09月16日 00時03分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ナイキジャパンは15日、ランニング時のデータ収集に使える、第1/第2世代iPod nanoに対応したワイヤレスシステム『Nike + iPod スポーツキット』を10月28日に発売すると発表した。価格は3400円。

『Nike + iPod スポーツキット』
『Nike + iPod スポーツキット』

すでに米国で発売されていた製品で、今回、国内の正式な発売日が決定した。センサーとレシーバーの2パーツで構成され、センサーをナイキの専用シューズに、レシーバーをiPod nanoに接続して、走った距離や消費カロリーなどの情報を収集できる。集めたデータはパソコンと同期して、インターネットを通じて専用サイト“nikeplus.com”に蓄積される。

レシーバー センサー
レシーバーセンサー

同時にNike + iPod スポーツキットに対応したランニングシューズとして、『エア ズーム モアレ+』シリーズと『エア ズーム プラス』を発表している。ともに男性用/女性用を用意し、価格は各1万2600円。なお、既報のとおり、Nike + iPod スポーツキット対応のシューズは現時点で店頭販売されている。



カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中