このページの本文へ

日立製作所、1TBのHDDを搭載した新デザインのハイビジョンHDD/DVDレコーダー“Wooo”『DV-DH1000S』を発売

2006年09月14日 19時37分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)日立製作所は14日、デジタルハイビジョンHDD/DVDレコーダー“Wooo(ウー)”の新製品として、新デザインの筐体とボタン数を減らして操作を分かりやすくしたリモコン“らくリモ”を採用した3機種を発売すると発表した。ラインアップは、HDD容量が1TBの『DV-DH1000S』、500GBの『DV-DH500S』、250GBの『DV-DH250S』。価格はオープン。1TB/500GBモデルを10月上旬に、250GBモデルを10月中旬に発売する。

『DV-DH1000S』
“Wooo”『DV-DH1000S』
リモコン
“らくリモ”

『DV-DH1000S』は、従来機種から外観デザインを一新し、先進のデザインと高い機能を融合するというデザインコンセプト“Cutting edge Design(カッティング エッジ デザイン)”を採用するとともに、従来の標準リモコンに加え、使用頻度の高い機能をまとめ、ボタンの数を3分の1に減らしすことで操作を容易にした“らくリモ”を同梱したのが特徴。HDDはデジタルハイビジョン番組を約128時間録画可能な大容量の1TBを搭載している。

従来機種から搭載されている、デジタルハイビジョン放送の2番組同時録画“デジデジ2コ録り”や、録画した番組のダイジェストを自動再生できる“いいとこ観”、録画番組を自動分類する“ワケ録”などの機能も継承されている。内蔵チューナーは地上/BS/110度CSデジタル対応で、録画はHDDとDVD-RAM/-RW/-Rに行なえる。出力端子は、HDMI、D(D1/2/3/4)、S映像、コンポジットビデオ、i.LINK(入出力兼用)×2、光デジタル音声、アナログ音声×2を装備する。本体サイズは幅432×奥行き300×高さ69mm、重量は約6.0kg。消費電力は約64W(待機時約1.9W)。本体カラーはUV塗装仕上げの“ピアノブラック”となっている。



『DV-DH500S』 『DV-DH250S』
『DV-DH500S』『DV-DH250S』

『DV-DH500S』はHDD容量が500GBのモデルで、『DV-DH250S』は250GBのモデルとなり、本体サイズは同じ。本体カラーは、『DV-DH500S』が“シャンパンシルバー”、『DV-DH250S』が“ミレニアムシルバー”となる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン