このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

GV-1394TV/M3

【レビュー】定番テレビキャプチャーがiPod&iTunes連携機能をパワーアップ

2006年08月22日 20時56分更新

文● 倉田吉昭

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

『GV-1394TV/M3』は、FireWire接続のテレビキャプチャーユニットだ。付属ソフト『DigitalTV Recorder』でテレビ放送を視聴/録画できるほか、『Mail』を使った外出先からの録画予約も可能。さらに、今回からiEPG予約に使えるウェブブラウザーに『Safari』が加わった。

メール予約
メール予約機能の設定は、『Channel Manager』の“環境設定”で“メールによる予約を行う”をオン。設定した件名で、書式にマッチするメールをMail側が判別して予約できるようになる
EPG画面 SafariからのiEPG予約
iEPGによる番組予約は、従来は『Internet Explorer』だけの対応だったが、Safariでも使えるようになった。iEPGサイトを開きiEPGのリンク(囲み)をクリックするだけで、簡単に録画予約できる

前モデルとなる『GV-1394TV/M2』とハード的な違いはなく、旧製品のユーザーは開発元のウェブサイトでアップデート版のソフト『MacでTV&iPod』(価格は3980円)を購入すれば、まったく同じ機能を使えるようになる。

付属ソフトは一部のものがUniversalアプリケーション化され、Intel Macでの動作も正式にサポートしている。

ハードウェアによるエンコード機能は備えておらず、記録はDVストリーム形式だ。MPEG-2などと比べると非圧縮のため高画質だが、容量は1時間番組で約12GBにもなり、大容量のHDDは必須だろう。

とはいえ、録画した番組の編集やMPEG-4などへの変換には『iMovie』、DVDビデオの作成には『iDVD』が使えるので、MPEG-2形式のキャプチャー機器よりiLifeとの相性はいい。さらに前述のGVencorder for iPodが追加されて、親和性が増した。

CPUとHDDへの負担が大きく、スペックに余裕のあるMacでないと快適とは言い難いが、FireWireケーブル1本で接続でき、録画予約も簡単。手っ取り早くMacでテレビを楽しむには最適な製品といえる。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中