このページの本文へ

小向美奈子がビジュアルだけでプロ雀士に……?

2006年07月25日 21時33分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

タレントとして活躍中の小向美奈子さんが主人公を演じたDVD『打姫オバカミーコ 実写版』(発売:日本スポーツ出版、販売:ミックエンターテインメント/3129円)の発売記念イベントが22日、秋葉原の石丸電気ソフト2で行なわれた。

作品は今年の4月からSKY PerfecTV!“MONDO21”で放送されていた番組をDVD化したもの。原作は片山まさゆき氏が竹書房の「近代麻雀」で連載中の人気コミックだ。物語の主人公は丘葉未唯子(オバカミーコ)という名前の女の子。ビジュアルだけでプロ雀士になってしまい、競技に参戦するも負け続きの毎日を過ごす。そんなある日、雀荘で出会った世界タイトルの獲得者を勝手に師匠と仰ぎ、最強の雀士となるために成長していくというストーリー。ギャク性が高いため、実写版でもデビット伊藤さんらを起用し、笑いのある作品に仕上げている。ロケはまだ雪の降る時期に都内で行なわれたという。

「衣装がメチャクチャ。青や黄色のタイツを穿かされて、渋谷や新宿を走り回ってしまいました。たくさんの人が見ていて恥ずかしかった……」

ロケでの苦労についてはこうコメント。また、共演のデビット伊藤さんが面白すぎて、笑いをこらえるのに苦労したそうだ。小向さん自身の麻雀経験については、「小さい頃にやっことがある」という程度。麻雀牌を操る手つきはそれなりの経験を要するので、小向さんがどれだけ上手に演じられているのかも見どころだ。



小向美奈子さん(左)は「衣装がメチャクチャ。青や黄色のタイツを穿かされて、渋谷や新宿を走り回ってしまいました。たくさんの人が見ていて恥ずかしかった……」と撮影時の苦労話を披露。会場には続編に登場する松里ともかさん(右)も応援に駆けつけた

打姫オバカミーコ 実写版は第2弾、第3弾の放送も決まっており、そこに出演予定のタレント・松里ともかさんも応援に駆けつけてくれた。今回発売された第1弾は28日からレンタルも開始される。

ところで、小向さんといえば昨年夏に封印した水着姿を復活させたことでも話題になっている。この点について聞いてみると、「私より上の歳でも頑張っている方々がいますし、今封印したらもったいないから……。できるところまでやってやろう! という気持ちです」と頼もしい言葉をもらうことができた。すでに水着復活となるDVD『REVOIR』が発売中なのでチェックしよう。

■プロフィール

小向美奈子(こむかい・みなこ) 生年月日:1985年5月27日生まれ
出身地:東京都出身
血液型:AB型
サイズ:T156、B90、W58、H83
趣味:読書、DVD鑑賞、格闘技観戦、ペット(爬虫類)を飼うこと、ダジャレ
特技:スポーツ、絵を描くこと、体が柔らかいこと

松里ともか(まつり・ともか)
生年月日:1980年3月8日生まれ
出身地:東京都出身
サイズ:T170、B84、W57、H83
趣味・特技:料理、ドライブ、ゴルフ、ネイルアート、香水、写真

【関連記事】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ