このページの本文へ

【ワイヤレスジャパン2006 Vol.5】音にURLを載せてケータイに伝送――ドコモから新技術

2006年07月20日 17時47分更新

文● 編集部 西村賢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スピーカーに近づけるだけで、ものの1、2秒でケータイにURLを含む文字情報が送信される――。そんな技術“音響OFDM”を(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモが開発した。

音響OFDMデモ 技術概要
スピーカーからの音でURLをキャッチ!技術概要。信号部分の音は、静かな環境であればかすかなノイズとして聞こえるという

音響OFDMは、音によってURLやテキストなど、短いデータを送信する技術だ。テレビやラジオ、AV機器に搭載されているスピーカーから流れてくる音楽に、1秒あたり100文字程度の情報を埋め込む。ユーザーは、スピーカーの前に1~2秒ほど携帯電話端末をかざすことで情報を取得する。

テキスト情報は、音成分の高温域の音信号の波形をほぼそのまま置き換える形でOFDM変調してデータとして送る。BGMなどであれば違和感なく音楽が聞こえるが、静かな場所で聞けば、人間の耳には信号部分はかすかなノイズとして聞こえる。

コストが安く、操作が手軽であることから実用化は容易だが、肝心の端末の録音機能が追いつかない。現在、携帯電話の音声のサンプリング周波数は8kHzが主流。音響OFDMの開発に携わったNTTドコモ マルチメディア研究所 松岡保静氏は「技術的には、16kHz程度がほしい」と話す。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン