このページの本文へ

BLUEDOT、Linux搭載ポータブルマルチメディアプレーヤー『BMP-1430』で市場参入

2006年07月04日 15時46分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

BLUEDOT(株)は4日、韓国Digital Cube社のポータブルマルチメディアプレーヤー『BMP-1430』の国内販売を10日に開始すると発表した。これにより、国内のポータブルメディアプレーヤー市場に参入する。価格はオープン。予想販売価格は7万円前後。

『BMP-1430』
『BMP-1430』

『BMP-1430』は、解像度が480×272画素で約1600万色の表示に対応したタッチパネル付き4.3インチTFT液晶パネルを搭載し、タッチペンを利用した直感的な操作を行なえるのが特徴。OSにはLinuxを採用し、HDDは30GB。FMチューナーも内蔵する。Linuxを搭載したことで、メインメニューやアプリケーションのユーザーインターフェースの一部を変更したり、対応プログラムを追加したりといったことも可能(ただしユーザーが個人でカスタマイズしたりアプリケーションを追加したりした場合は動作保証外)。

対応ファイル形式は、ビデオがMPEG-1/-2/-4、WMV7/8/9、XviD(後日DivXに対応予定)、オーディオがMP3、WMA、Ogg Vorbis、AC3、WAV、FLAC、静止画がJPEG、BMP、PNG。再生機能では、音楽に合わせて動くビジュアライザー(3種類)や、イコライザー(7種類)、3Dサラウンドも用意されている。アプリケーションとして、ビデオ/オーディオプレーヤー、フォトアルバムに加え、テキストビューワー、手書きメモ、カレンダー、電卓、ストップウォッチ、アラームなども搭載する。

インターフェースは、ヘッドフォン/リモコン、USB 2.0、拡張AVなどを備え、USBホスト端子も搭載されており、メモリーカードリーダーなどを利用してデータを直接取り込むことも可能。音声出力は40mW+40mW。付属のバッテリーを利用した場合の連続再生時間はビデオで約7時間、オーディオで約10時間。本体サイズは幅133×奥行き79×高さ25.5mm、重量は約320g。製品には、ACアダプター、USBケーブル、専用AVケーブル、ソフトポーチ、ステレオイヤフォン、ハンドストラップ、LCDクリーナーが付属する。ワイヤーリモコンや充電用クレードルはオプションで提供するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン