このページの本文へ

ソースネクスト、音声録音と議事録作成が同時にできる『いきなりボイスレコーダー』を発売

2006年06月15日 19時48分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソースネクスト(株)は15日、パソコンで音声の録音と議事録の作成が同時に行なえるソフト『いきなりボイスレコーダー』を30日に発売すると発表した。価格は1980円。マイクを同梱した『いきなりボイスレコーダー マイク付き』も2970円で販売する。

メイン画面 オーディオ編集画面 出力ファイル設定画面
メイン画面オーディオ編集画面出力ファイル設定画面
『いきなりボイスレコーダー』
製品パッケージ
『いきなりボイスレコーダー』

『いきなりボイスレコーダー』は、音声を録音しながら、テキストで入力した文章も1つのファイル(拡張子:mmr)として同時に保存できるため、会議や商談の議事録を効率的に作成できるほか、整理や保管も行ないやすくなるのが特徴。テキスト入力を行なう文書作成画面は、日付/場所/アジェンダなど議事録作成向けの項目分けがなされており、書体やフォントサイズの変更も可能(リッチテキスト形式)。

録音機能は、音質を44k/22k/11kHzの3段階で設定でき、音声ファイルの取り込みも可能。音声編集機能(オーディオエディタ)も搭載している。入出力ファイル形式はMP3/Ogg Vorbis/WAVを選択できる。対応はWindows XP。対応機種はPentium III-800MHz以上、メモリー256MB以上を搭載したPC/AT互換機。MP3出力機能を利用するにはWindows Media Player 10以上が必要。なお、開発元はキプロスのXemiComputers社。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン