このページの本文へ

ソニービル、HD製品の相談・体験スペースを拡充

2006年06月02日 18時04分更新

文● 編集部 西村賢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニー企業(株)は2日、東京・銀座にある“ソニービル”をリニューアルし、ハイビジョン映像関連製品の相談窓口や展示、体験スペースを拡充したことを発表した。オープンは3日から。

ソニービル フロアープラン
4月29日に40周年を迎えた東京・銀座のソニービル4階にハイビジョン体験コーナーなどを設置

各フロアーにはハイビジョン対応の薄型テレビ“BRAVIA(ブラビア)”シリーズやVAIOをはじめ、撮影、パソコンへの取り込み、編集、Blu-rayディスクへの書き出しまでを行なうのに必要なハイビジョン関連製品の全ラインアップを展示。ハイビジョン対応製品同士の接続や相互運用に関する質問など、急増するハイビジョンへの感心に応える。体験コーナーでは、視聴だけでなく、説明員による詳しい解説を受けられる。

製品展示 製品展示2
ハイビジョン関連全ラインアップを展示ハイビジョンハンディカムから取り込んだハイビジョン映像を、編集し、Blu-rayディスクに書き出すまでのデモも展示
比較展示 比較展示2
Blu-rayディスクのコーナーではDVDとの画質比較の展示も左のDVDに比べて、右のBlu-rayでは細部までクッキリ映っている
体験ブース セミナールーム
ハイビジョン映像の体験ブースセミナールーム。ハイビジョン映像の取り込み、編集のセミナーを予定

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン