このページの本文へ

FlashROM搭載で新規格にも対応可能! 19種類のメディアに対応したヨドバシカメラ限定のオウルテック製カードリーダーが大好評!

2006年05月27日 21時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オウルテックから発売されている、ヨドバシカメラ限定のUSB接続の外付けカードリーダ/ライタ「FA405MX-E/C」が飛ぶように売れているという。同製品は、1月に発売された同社製のカードリーダ/ライタ「FA405MX-E」を改良した製品で、対応メディアが17種類から19種類に増加し、新たにFlashROMを内蔵しているのが特徴だ。さらに、USB延長ケーブルが同梱されている点も見逃せない。

「FA405MX-E/C」
ヨドバシカメラ限定のUSB接続の外付けカードリーダ/ライタ「FA405MX-E/C」。すべてのメディアに対応(2006年3月現在)し、FlashROMのアップデートにより最新規格にも対応できる。ファームウェアはオウルテックのウェブサイトにて順次公開される予定だ

 カードリーダ/ライタは各社が発売しているが、どの製品も似たような性能で価格もほぼ横並びという状態だ。そんななか本製品は、FlashROMを内蔵という、他社製にはない機能を付け加えた画期的な製品となっている。これまでのカードリーダ/ライタは、メディアの仕様に変更があったり、バージョンが変わっただけでも対応製品に買い換えなければならず、いわば使い捨てに近い状態だった。ところが本製品はFlashROMを内蔵したことにより、カードメディアのリビジョンやバージョンなどに変更があった場合でも、 本体内のROMを書き換えるだけで対応できるというメリットがある。目まぐるしく進化するメディア業界において、本体を買い換えずに新しい仕様に対応できるのは、非常にありがたい。
 装備されているスロットは、xD/SMスロット、SD/MMCスロット、MS/MS PROスロット、CF/MDスロットの4つで、対応するメディアは合計で19種類(対応メディアは下記の表の通り)。なお、microSD/TransFlash、およびメモリースティックマイクロを読み書きするには変換アダプタが必要なため、同社では対応メディアを“19in1”ではなく“17in1プラス2”と表記している。
 PCとの接続はUSBで行ない、USBケーブルは本体内に収納可能。また、製品には長さ60cmのUSB延長ケーブルが同梱されている。

対応メディア
USBケーブルは本体内に収納できるため持ち運びに便利。なお、パッケージにはホコリなどの進入を防ぐスロットカバーや、USB延長ケーブルが同梱されている合計19種類ものメディアに対応し、そのうち17種類のメディアはアダプタなしで接続が可能だ

 これほどの機能を満載した本製品、実はオウルテックとヨドバシカメラが共同で企画した特別モデルで、全国のヨドバシカメラでの限定販売となっている。価格は3200円で、カラーはホワイト/シルバー/ブルー/ブラックの4色がラインナップされている。ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaによると、「カードリーダ/ライタの人気ナンバーワン商品で、ショップのイチオシ製品にもなっている」とのこと。末長くカードリーダ/ライタを使いたいという人には、まさにうってつけの製品といえるだろう。

カラーバリエーション ヨドバシカメラ人気ナンバーワン
カラーはホワイト/シルバー/ブルー/ブラックの4色がラインナップされているヨドバシカメラ限定モデルで、同店のカードリーダ/ライタの人気ナンバーワン商品となっている
17種類の対応メディア
xD-ピクチャーカード
xD-ピクチャーカード TypeM
xD-ピクチャーカード TypeH
メモリースティック
メモリースティック Duo
メモリースティック PRO
メモリースティック PRO Duo
SDメモリーカード
SDHC
mini SDカード
マルチメディアカード
RS-MMC
マイクロドライブ
コンパクトフラッシュ Type-I
コンパクトフラッシュ Type-II
コンパクトフラッシュ Type-II HDD
スマートメディア
+2種類の対応メディア
microSD/TransFlash(要変換アダプタ)
メモリースティック マイクロ(要変換アダプタ)
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ