このページの本文へ

NECとマイクロソフト、オフィスコミュニケーションで協業――ミドルウェア『UNIVERGE OW1000』を提供

2006年05月15日 23時37分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本電気(株)とマイクロソフト(株)は15日、オフィスコミュニケーション分野において戦略的提携を行なうとともに、NECのSIP対応IPテレフォニーサーバー『UNIVERGE SV7000』と、マイクロソフトのリアルタイムコミュニケーションプラットフォーム『Microsoft Live Communications Server 2005』を統合するミドルウェア『UNIVERGE OW1000』を開発したと発表した。

システムイメージ
システムイメージ

『UNIVERGE OW1000』を利用することで、マイクロソフトのOffice Systemにおいて、保留/転送/通話状態の確認などを含むビジネス向けの電話機能を利用できるようになるのが特徴。オーストラリアのNEC Business Solutions社が開発し、現地の大手企業数社で稼働しているミドルウェアを基に開発したという。Live Communications Server 2005とUNIVERGE SV7000を連携させるミドルウェアの開発は、国内のPBXメーカーとしては初めてであるという。

同日付けで販売を開始し、価格は50万円(税別)から。両社合わせて、今後3年間で100社への販売を目指すとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン