このページの本文へ

MJソフト、“LAGASHA”と共同開発したパソコン用2ウェイバッグを発売――MacBook Proの収納も可能

2006年04月10日 23時11分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

関東金属鋼業(株)コンピュータ事業部の運営するパソコンショップ“MJソフト”は10日、パソコン用2ウェイバッグ『Laboratory #7992』を発売した。トーリン(株)が有する鞄ブランド“LAGASHA”(ラガシャ)の“Laboratory”(ラボラトリー)シリーズをベースに開発されたのが特徴。本体色はネイビーとブラックの2色を用意。価格は2万1840円で、同社のバッグ専門のオンラインストア“Carryingcase.net”にて販売する。

ネイビー ブラック
『Laboratory #7992』のネイビー(左)とブラック(右)。手提げのほか、付属のショルダーストラップを取り付けて肩掛けで持ち運ぶことも可能だ

LAGASHAのLaboratoryシリーズとは異なり、外部からの衝撃を軽減するために前面/背面/底面に約3mmのクッション材を使用している。本体サイズが幅40×奥行き360×高さ245mmまでのノートパソコンに対応しており、15インチPowerBook G4やMacBook Proを収納できる。

収納
15インチPowerBook G4を収納したところ


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中