このページの本文へ

ソースネクスト、携帯電話向けの音楽データ変換ソフト『携快電話 ケータイサウンドメーカー 2』を発売

2006年04月05日 20時27分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソースネクスト(株)は5日、音楽データを携帯電話機向けに変換するソフト『携快電話 ケータイサウンドメーカー 2』を28日に発売すると発表した。価格1980円。

メイン画面 設定画面 製品パッケージ
メイン画面設定画面製品パッケージ
『携快電話 ケータイサウンドメーカー 2』

『携快電話 ケータイサウンドメーカー 2』は、音楽データ(楽曲ファイル)のフォーマットを携帯電話機で再生できるフォーマットに変換するソフトの最新版。入力ファイル形式は、3GPP/3GPP2、AMC(QCELP音声)、AVI、QuickTime(MOV)、MP4、ASF、WMV、WMA、WAV、MP3に対応し、出力は3GPP/3GPP2(再生専用)、AMC(MP3、QCELP音声)に対応。別途コーデックを用意すればMPEG-2も変換可能。新機能として、作成したデータに曲名などの情報を登録できるようになり、携帯電話機で内容を確認しながら再生できるようになった。変換エンジンも携帯電話機の機種ごとにデータを最適化することで高音質化が図られているという。音楽CDからのデータ作成も可能。変換データのファイルサイズは最大1GB、または再生時間が30分以内となる。

変換したデータはメモリースティックなどのメモリーカード経由で転送できるほか、メール経由で携帯電話機に送信することも可能。対応OSはWindows XP/2000/Me/98 SE。対応機種はPentium III-800MHz以上(Pentium 4-1.8GHz以上推奨)、メモリー128MB以上(256MB以上推奨)を搭載したPC/AT互換機。開発元はセーバーテクノロジーズ(株)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン